美保関のかなたへ 日本海軍特秘遭難事件

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044058012

美保関のかなたへ 日本海軍特秘遭難事件

  • 著者 五十嵐 邁
  • 装丁 片岡 忠彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044058012

海軍の特秘事件「美保関沖の大遭難」の真実を問う!

昭和二年、島根県美保関沖で駆逐艦と巡洋艦が衝突。百余名の水兵が海没する、海軍史上空前の大事故が起きた。事故直後には明らかにされなかった真実や、関わった人々の人生を克明に綴るノンフィクション。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「美保関のかなたへ 日本海軍特秘遭難事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 78年単行本講談社、05年角川ソフィア文庫。1927年8月の島根県美保関沖での軍艦衝突沈没事件を記す。加藤寛治GF司令長官の下、夜間無灯火での猛訓練中に軽巡“神通”と駆逐艦“蕨”、同“那珂”と“葦”が 78年単行本講談社、05年角川ソフィア文庫。1927年8月の島根県美保関沖での軍艦衝突沈没事件を記す。加藤寛治GF司令長官の下、夜間無灯火での猛訓練中に軽巡“神通”と駆逐艦“蕨”、同“那珂”と“葦”が衝突し“蕨”が沈没。 ワシントン体制下で、物理的な米英との戦力差を埋めるべく日常化した海軍の猛訓練は、この他多くの事故を惹起している。しかし例えばこの事件では119名もの犠牲を出しているが、直ぐさまありのままが報道され、原因究明が行われている。著者は大成建設で取締役まで勤めた実業の人だが…優れた書き手である。 …続きを読む
    CTC
    2016年07月29日
    6人がナイス!しています
  • 海軍・海自の事故調査と懲罰は当時から適切でない伝統があるようだ。 海軍・海自の事故調査と懲罰は当時から適切でない伝統があるようだ。
    Admiral2009
    2010年01月09日
    3人がナイス!しています
  • 主人公・進が最終章で述べている。「歴史に真の審判者はいない…略…幾百万の将兵の血を吸って得られた栄光も屈辱も、その評価は常に紙のように薄い」なるほど、その時代の価値観やら力関係で生じた事象を、歴史の断 主人公・進が最終章で述べている。「歴史に真の審判者はいない…略…幾百万の将兵の血を吸って得られた栄光も屈辱も、その評価は常に紙のように薄い」なるほど、その時代の価値観やら力関係で生じた事象を、歴史の断片に過ぎない現在の価値観に照らして評価することは空しいのかもしれない。 …続きを読む
    wasabi
    2006年01月09日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品