壜の中の手記

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784042961017

壜の中の手記

  • 著者 ジェラルド・カーシュ
  • 訳者 西崎 憲
  • 訳者 駒月 雅子
  • 訳者 吉村 満美子
  • 訳者 若島 正
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784042961017

あらゆるベストテンにランクインした話題のミステリがついに文庫化!

アンブローズ・ビアスの失踪という文学史上最大の謎を題材に不気味なファンタジーを創造し、アメリカ探偵作家クラブ賞を受賞した表題作をはじめ、異色作家の奇想とねじれたユーモアが充ち満ちた傑作集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「壜の中の手記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 凄い作家の作品を見つけてしまった・・・。表題作はかのビアス失踪を描いてオチも見え見えだけど皮肉屋のビアスが陥落されていく様に笑いが込み上げます。「骨のない人間」の結論に腰を抜かしそうになり、対する「カ 凄い作家の作品を見つけてしまった・・・。表題作はかのビアス失踪を描いてオチも見え見えだけど皮肉屋のビアスが陥落されていく様に笑いが込み上げます。「骨のない人間」の結論に腰を抜かしそうになり、対する「カームジンとハムレットの台本」は最後の結論の方が納得がいきます。「刺繍針」の傲慢な主人公をぎゃふんと言わしめた結末にドS心も満足♪「豚の島の王女」は奇形を主人公にした「瓶詰地獄」(夢野久作)の複数版ともいえる凄い作品でした。恐るべし、ジェラルド・カーシュ!また、私の中で注目すべき作家が登場してしまいました・・・ …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2013年04月02日
    49人がナイス!しています
  • 短編のほとんどが伝聞、手記などで、そうした語り口がもともと好みなこともあり楽しく読んだ。「破滅の種子」のジスカ氏が作家と重なり、語り(騙り)の巧みさに唸らされる。占い師に女王になることを予言されるなん 短編のほとんどが伝聞、手記などで、そうした語り口がもともと好みなこともあり楽しく読んだ。「破滅の種子」のジスカ氏が作家と重なり、語り(騙り)の巧みさに唸らされる。占い師に女王になることを予言されるなんて意地悪過ぎる「豚の島の女王」は傑作。 …続きを読む
    安南
    2014年01月21日
    37人がナイス!しています
  • 読友さんの感想を見て興味を持って読んでみたのだが、これが大当たり。所謂奇妙な味の短篇集で、どれを読んでも落ち着かない気分にさせてくれる。無人島で見つかった骨と手記が酷く哀しい読後感を呼び起こす「豚の島 読友さんの感想を見て興味を持って読んでみたのだが、これが大当たり。所謂奇妙な味の短篇集で、どれを読んでも落ち着かない気分にさせてくれる。無人島で見つかった骨と手記が酷く哀しい読後感を呼び起こす「豚の島の女王」やビアス失踪の謎を追う「壜の中の手記」、ある服役囚の奇妙な体験を描いた「ねじくれた骨」は素晴らしい作品だった。個人的に好きになったのはブラックユーモアの「破滅の種子」や「時計収集家の王」、B級ホラー的な要素を持った「狂える花」「骨のない人間」。とにかく粒ぞろいの短編を堪能させてもらいました。 …続きを読む
    HANA
    2012年08月02日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品