小説侵略! ケロロ軍曹 たぶん伝説へ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年03月27日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
242
ISBN:
9784048539449

小説侵略! ケロロ軍曹 たぶん伝説へ

  • 原作 吉崎 観音
  • 著者 伊豆 平成
  • イラスト 吉崎 観音
  • 口絵イラスト 愛姫みかん
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年03月27日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
242
ISBN:
9784048539449

勇者ケロロ、参上……であります!

今日のケロロ軍曹は、いつもと違っていた。右手に剣、左手には木製のタテ。そして一面の草原と姫がさらわれた塔……ってここはどこでありますか!? 剣と魔法の世界を舞台に我らがケロロ軍曹が立ち向かう。

メディアミックス情報

NEWS

「小説侵略! ケロロ軍曹 たぶん伝説へ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 毎回同じメンバーで友情のストーリーを作り、そして面白いってすごいなあと感心します。 毎回同じメンバーで友情のストーリーを作り、そして面白いってすごいなあと感心します。
    ank
    2018年12月22日
    3人がナイス!しています
  • ガンダムネタだけじゃなくて、トリトンネタとかもあり。大きなオトモダチ向けにはちょっと物足りない。小学生にはお勧め。 ガンダムネタだけじゃなくて、トリトンネタとかもあり。大きなオトモダチ向けにはちょっと物足りない。小学生にはお勧め。
    いかちょー
    2008年03月16日
    2人がナイス!しています
  • あすか先生の時は、かなり悪乗りした笑いを取りに言ったが。伊豆先生は原作のイメージを、あまり崩さない様にした書き方と言うのは良く解った。個人的には、もう少し悪乗りした笑いが入って居ても良いかな・・・と言 あすか先生の時は、かなり悪乗りした笑いを取りに言ったが。伊豆先生は原作のイメージを、あまり崩さない様にした書き方と言うのは良く解った。個人的には、もう少し悪乗りした笑いが入って居ても良いかな・・・と言う気もするが、あまり難しく考えずに笑える所のある良い作品だと思う。出来れば本物のクルルやドロロの活躍が、描かれているともっと嬉しかったと思った。と言うか・・・・本物のドロロと小雪の出番が本当に無かった、「ひどいよ、ケロロ君」と言うドロロの声が聞こえてきそう(笑) …続きを読む
    魯波
    2013年12月07日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品