悪魔の皇子 ウィンター・プリズン

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年02月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044506056

悪魔の皇子 ウィンター・プリズン

  • 著者 深草 小夜子
  • イラスト みなみ 遥
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年02月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044506056

《悪魔の皇子》ふたりの執着劇は、いよいよクライマックスヘ──!!

甦った兄シェラバッハは、再び弟アストロッドを自分の妃とし、他国連合軍との望みのない戦いへ身を投じていく。そんな中、シュロウ皇国内部でも怪しい動きが──!? 《悪魔の皇子》たちの物語は、いよいよ佳境へ!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「悪魔の皇子 ウィンター・プリズン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この巻で完結だと勝手に思い込んで読み進めていましたか、終わる雰囲気ではなく、救いのなさそうな最終決戦へ突入直前で終わってしまいました。何だかルシアのアストロッドへの想いが切ないです。もうハッピーエンド この巻で完結だと勝手に思い込んで読み進めていましたか、終わる雰囲気ではなく、救いのなさそうな最終決戦へ突入直前で終わってしまいました。何だかルシアのアストロッドへの想いが切ないです。もうハッピーエンドなんて望みませんが、せめて優しい結末になりますように。 …続きを読む
    紅羽
    2013年08月09日
    5人がナイス!しています
  • 閑話休題、内々で静かに女の戦いやら殺伐ほのぼの兄弟やらルシアとのラブラブやらサマラとキィスの淡い恋のやり取りが展開。しんしんと降り積もる雪の中、家の中で賑やかに、でも大人しく過ごす…まさにシュロウの冬 閑話休題、内々で静かに女の戦いやら殺伐ほのぼの兄弟やらルシアとのラブラブやらサマラとキィスの淡い恋のやり取りが展開。しんしんと降り積もる雪の中、家の中で賑やかに、でも大人しく過ごす…まさにシュロウの冬のような巻。戦いの準備は着実に進んでいきます。 元々のアストロッドの過去の話や、シェラバッハの本音など、読みたいけどなかなか読めないエピソードがさりげなく入ってます。 …続きを読む
    トゥルチィ
    2014年07月17日
    1人がナイス!しています
  • レニーゼッタが好きでした。今回のお話では、アストロッドが男性なんだなってことが、レニーゼッタやルシアとの関わりの中で、いままでより感じられました。 レニーゼッタが好きでした。今回のお話では、アストロッドが男性なんだなってことが、レニーゼッタやルシアとの関わりの中で、いままでより感じられました。
    とも
    2014年02月07日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品