機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE 第4巻

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年06月22日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
184
ISBN:
9784047138308

機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE 第4巻

  • 著者 久織 ちまき
  • 原案 矢立 肇
  • 原作 富野 由悠季
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年06月22日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
184
ISBN:
9784047138308

予期せぬ運命の展開にアスランが選んだ道とは?

ステラを失ったシンの怒り。それはフリーダムを打ち落とすのに、充分すぎる力になった。明らかになりつつあるデュランダルの思惑。アスランはもう一度自分が歩んできた道を正す為。ザフトから脱走することを決意する

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE 第4巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【再 読】 拘束中のステラを脱走させシンとレイ逮捕からアスラン&メイリン逃亡、そして撃墜まで。シンががっつりダークサイドへと悩み堕ちていく真っ只中ですね。そして、アスランって天然タラシの回です。真面目 【再 読】 拘束中のステラを脱走させシンとレイ逮捕からアスラン&メイリン逃亡、そして撃墜まで。シンががっつりダークサイドへと悩み堕ちていく真っ只中ですね。そして、アスランって天然タラシの回です。真面目で不器用だからこそなのか....。いいね、アスラン …続きを読む
    りう@ハンドメイド製作中♪
    2014年02月06日
    8人がナイス!しています
  • 「あっそうか、アスランはデストロイにステラが乗っていることを聞いたシーンはアニメにはなかったな」という驚きと、そのシーンを補完した上で、シンとステラの運命に思いを馳せながらもその後のシンとキラの戦いに 「あっそうか、アスランはデストロイにステラが乗っていることを聞いたシーンはアニメにはなかったな」という驚きと、そのシーンを補完した上で、シンとステラの運命に思いを馳せながらもその後のシンとキラの戦いに苦悩し、激昂するシーンが本編の唐突感をゼロにしている。まさにプロの仕事である。「オレの選んだザフトはまたあいつを殺したのか……」というモノローグは間違いなく名言なのだが、ここで最初にキラをほぼ半殺しにしたのはお前だろうとナチュラルにツッコミを入れさせる滑稽味もアスランというキャラの持ち味だとしか言いようがない …続きを読む
    白義
    2018年11月19日
    6人がナイス!しています
  • 錯乱はアスランしている!そして劇場版は存在しない。存在しないんだよ…。 錯乱はアスランしている!そして劇場版は存在しない。存在しないんだよ…。
    北白川にゃんこ
    2017年04月04日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品