試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784041945049

目撃

  • 著者 深谷 忠記
  • デザイン・イラスト 小林昭彦+玉村絵夢(moon)
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784041945049

現行の裁判制度の矛盾を突く、緊迫の法廷ミステリ!

八歳の時、母が父を刺し殺す現場を目撃した作家の曽我。39年後、彼は弁護士・服部朋子の要請で関山夏美の夫毒殺事件の控訴審に関わる。逆転無罪をねらう朋子がしかける息づまる法廷場面、迫真の本格推理。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「目撃」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人の記憶があてにならないということは、様々な実験で立証されているらしい。その記憶に頼った目撃証言で、罪を着せられる人、罪から逃れる人がいて、冤罪が生まれる。一般市民としては、警察の緻密な捜査を期待する 人の記憶があてにならないということは、様々な実験で立証されているらしい。その記憶に頼った目撃証言で、罪を着せられる人、罪から逃れる人がいて、冤罪が生まれる。一般市民としては、警察の緻密な捜査を期待するしかない。 …続きを読む
    アン
    2017年01月28日
    5人がナイス!しています
  • 硬派な法廷ミステリーですね。過去と現在の事件の両面から攻めていく感じが良いです。この時期は真面目な作風の作品が、多かったのだと実感します。過去の記憶をテーマとして言及しているのも好きです。人間、戦慄な 硬派な法廷ミステリーですね。過去と現在の事件の両面から攻めていく感じが良いです。この時期は真面目な作風の作品が、多かったのだと実感します。過去の記憶をテーマとして言及しているのも好きです。人間、戦慄な記憶ですら曖昧なのですね。 …続きを読む
    kaikoma
    2017年06月14日
    0人がナイス!しています
  • 幼少期に母親による父親殺しを「目撃」した中年作家が、4年前に起きた看護師の妻による夫殺しの「冤罪事件」に関わりを持つうち、過去の事件の意外な真相が明らかになる。 深谷忠記が近年熱心に取り組む法廷ものミ 幼少期に母親による父親殺しを「目撃」した中年作家が、4年前に起きた看護師の妻による夫殺しの「冤罪事件」に関わりを持つうち、過去の事件の意外な真相が明らかになる。 深谷忠記が近年熱心に取り組む法廷ものミステリーの一つだが、肝心の事件の内容やキャラがあまり魅力的ではないのと、冗長な部分が多いのは残念。作品のメインの「記憶の錯誤」の説得力もいまいち消化不良。 過去の事件の真相は最終章まで明かされないが、それは40年の時を超えた今どうしても解明せねばならないものか? それによって新たに傷付く人も出るだろうに。 …続きを読む
    いぬかいつまき
    2019年08月18日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品