ソード・ワールド短編集 へっぽこ冒険者とイオドの宝

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年02月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
420
ISBN:
9784829116906

ソード・ワールド短編集 へっぽこ冒険者とイオドの宝

  • 編者 安田 均
  • 著者 山本 弘
  • 著者 清松 みゆき
  • 著者 藤澤 さなえ
  • イラスト 浜田 よしかづ
  • イラスト かわく
  • イラスト 幻 超二
  • イラスト ともぞ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年02月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
420
ISBN:
9784829116906

へっぽこもそしてサーラも! 盛りだくさんな短編集!

サーラは、恋人デルとともにある屋敷に侵入しようとしていた。そこには、盗賊が盗むことが不可能な伝説的な宝を埋めたという噂があったのだ。ついに復活するサーラの冒険他、さまざまな物語がここに集結! 

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ソード・ワールド短編集 へっぽこ冒険者とイオドの宝」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 3人の作家が一つの題材をリレー形式で描かれた短編集。最初はサーラ、次にへっぽこーず、そして最後はバンドールとなかなかに楽しそうな面々。それぞれの作家がそれぞれのパーティの特徴を引き出せた面白い一冊だっ 3人の作家が一つの題材をリレー形式で描かれた短編集。最初はサーラ、次にへっぽこーず、そして最後はバンドールとなかなかに楽しそうな面々。それぞれの作家がそれぞれのパーティの特徴を引き出せた面白い一冊だった。解説の『キャスター付きの安楽椅子探偵』うまい事を言う。 …続きを読む
    てんぱい
    2013年09月24日
    6人がナイス!しています
  • 本短編集は『イオドの奪うことあたわぬ宝』をキーワードに繋がっている連作なのだが、自分は最初に『赤い鎧』シリーズ4作目にあたる『毒を食らわば』(本短編集の第3話目)から読んでしまい、少々内容が理解できな 本短編集は『イオドの奪うことあたわぬ宝』をキーワードに繋がっている連作なのだが、自分は最初に『赤い鎧』シリーズ4作目にあたる『毒を食らわば』(本短編集の第3話目)から読んでしまい、少々内容が理解できなかった。本作の作者である清松みゆき先生には、『混沌の大地』シリーズを完結させてほしかったが、ソードワールド1.0の商業展開が終了してしまった現在では、望み薄なんだろうな。 …続きを読む
    ぷるっちょ
    2016年12月25日
    0人がナイス!しています
  • 手持ちの本には帯に「120巻突破」とあるので、旧版ソードワールドは、たぶん、100巻ぐらいは読んでることになる。購入当初は赤い鎧シリーズが好きで、それを目当てに購入したが、改めて読み返すと、各短編の「 手持ちの本には帯に「120巻突破」とあるので、旧版ソードワールドは、たぶん、100巻ぐらいは読んでることになる。購入当初は赤い鎧シリーズが好きで、それを目当てに購入したが、改めて読み返すと、各短編の「イオドの宝」連作としての繋がりが面白いしリプレイシリーズも読み返したくなる。(120巻か、どれだけ残ってるか)とりあえずは、赤い鎧シリーズの再読かな。 …続きを読む
    マコト
    2020年11月03日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品