試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年12月22日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
200
ISBN:
9784048537964

王国の鍵 第6巻

  • 著者 紫堂 恭子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年12月22日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
200
ISBN:
9784048537964

珠玉のグランド・ロマンファンタジー、堂々の最終巻!!

バドリアスを喪ったアーシャは、たった独りでセルテス侵攻の指揮を執る。その戦闘の直後、ついに「真の敵」が現れた…! アーシャの運命は!?

メディアミックス情報

NEWS

「王国の鍵 第6巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最終巻。ここまで払った犠牲と、別れと死がやるせなく心に重くのしかかる。3つに分断された国がそれぞれに相争い、「力」を得る事を望んだが故に起こった悲劇。導かれた「王国の鍵」の伝説と竜使いの仕組んだ罠から 最終巻。ここまで払った犠牲と、別れと死がやるせなく心に重くのしかかる。3つに分断された国がそれぞれに相争い、「力」を得る事を望んだが故に起こった悲劇。導かれた「王国の鍵」の伝説と竜使いの仕組んだ罠からは辛くも逃れたものの、現実の情勢は緊迫感を増し、時は容赦なく迫る。一足飛びに大人に…王国を統べる者として立つことを求められ応えるアスタリオン王子の決断と決意、最後の戦いの後の静かな幕引きがひたひたと胸に迫る。 …続きを読む
    2015年09月26日
    11人がナイス!しています
  • 竜と竜人と竜使いの王と人との争い。ファンタジーかつ少年の自立物語。主役はバドだろうなぁ。 竜と竜人と竜使いの王と人との争い。ファンタジーかつ少年の自立物語。主役はバドだろうなぁ。
    浮草
    2019年07月24日
    3人がナイス!しています
  • 「王国~」を描かれていた当時、紫堂先生のお父様が亡くなられたと聞き、リアルタイムで読んでいた時は、ものすごくトーンダウンしたように感じた箇所があったのですが、今改めて読むと一切中だるみもなく完璧に話を 「王国~」を描かれていた当時、紫堂先生のお父様が亡くなられたと聞き、リアルタイムで読んでいた時は、ものすごくトーンダウンしたように感じた箇所があったのですが、今改めて読むと一切中だるみもなく完璧に話を終えられていて、プロ意識の高さを感じました。この試練を通じてアーシャがなんと成長したことか。また、そうならずにいられなかった彼の立場を思うと切なくなります。最後の「バドに恥じない生き方をしたい」云々のくだりは、今読んでも涙が出ます。 …続きを読む
    2015年06月20日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品