AstralII childhood’s end

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年12月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784840225502

AstralII childhood’s end

  • 著者 今田 隆文
  • イラスト ともぞ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年12月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784840225502

  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「AstralII childhood’s end」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『君にさようならを言わない』の元本のお話し。 全体的な物語は再読した気持ちですが、二つの物語が違っていたような気がしますねぇ。一つは一巻の「おくる河」·『星の光』の桃香ちゃんの幼い時になくなったまま心 『君にさようならを言わない』の元本のお話し。 全体的な物語は再読した気持ちですが、二つの物語が違っていたような気がしますねぇ。一つは一巻の「おくる河」·『星の光』の桃香ちゃんの幼い時になくなったまま心の成長しなかったわがままな過ち(未遂)。 二巻の「明の休日」熱を出した明に男の幽霊[初めて?]に取り憑かられて柚ちゃんのピンチ····(>_<) オヤジには両方の本の物語はよかったです。(^○^) イラストのともぞ氏の画く女の子も可愛いく好みですねぇ。 …続きを読む
    まんがオヤジ
    2017年04月30日
    10人がナイス!しています
  • 時を経ても色あせない、悲しくも美しい珠玉の物語。人を感動させるのに、大掛かりな設定や仕掛けなんて必要ないんだなあという、当たり前のことを認識させてくれる作品です。特に「花と鳥」は、キャラの造形、ストー 時を経ても色あせない、悲しくも美しい珠玉の物語。人を感動させるのに、大掛かりな設定や仕掛けなんて必要ないんだなあという、当たり前のことを認識させてくれる作品です。特に「花と鳥」は、キャラの造形、ストーリー、そして結末、そのどれもが本当に素晴しかった。これが、今や一迅社で「ゲッツ!」とかやってる人と同じ作者さんの手によるものかと(笑) あれはあれで大好きなんですけどね! でも、七月(今田)さんには、本作のような物語もまた書いて欲しいなあ。 …続きを読む
    KUWAGATA
    2013年04月25日
    8人がナイス!しています
  • 幽霊が視えるお人好し少年のなりゆき奮闘記、かつ義妹たちとのラブコメの第2巻。 心を鬼にして、やさしい話を書け(by担当) 幽霊が視えるお人好し少年のなりゆき奮闘記、かつ義妹たちとのラブコメの第2巻。 心を鬼にして、やさしい話を書け(by担当)
    (●▲●)とらうまん(*^◯^*)
    2013年09月22日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品