失はれる物語

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年12月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784048735001

失はれる物語

  • 著者 乙 一
  • デザイン ライトパブリシテイ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年12月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784048735001

大切な人とわかちあいたくなる、暖かい涙を誘うピュアストーリーズ

少年や少女だった日のひりひりするような魂を上質の文章力と定評あるストーリーテリングで描く乙一の傑作短編集。04年1月配信のBB映画「手を握る泥棒の物語」原作(http://casty.jp/)と、書き

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『失はれる物語』(乙一著)30秒TVCM


「失はれる物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 愛とか思いやりなんて言葉が似合わない作品集だと思う。ホントは、それらに溢れているのだけど言葉にすると嘘っぱちになってしまいそう。描写には突発的・衝動的な事件・事故が多い(ご本人もそう書いていた)。また 愛とか思いやりなんて言葉が似合わない作品集だと思う。ホントは、それらに溢れているのだけど言葉にすると嘘っぱちになってしまいそう。描写には突発的・衝動的な事件・事故が多い(ご本人もそう書いていた)。また、心を繋ぐアイテムとして、猫・手・傷・指(生きている・死んでいる)などが奇抜な形で活躍している。そのアイデア魅かれながら登場人物の繊細な心の動きも体感することになる。切ないが温かい気持ちになれる一冊。派手な事象に注目しがちだが苦しみとは個人的なもの。「代わってやれんけど」と、ただ話を聞いてくれた友だちを想う。 …続きを読む
    pino
    2014年03月10日
    228人がナイス!しています
  • 1話目の『Calling you』を読んでる途中で、あれ?この話知ってる?って思ったら、映画で見たんだった。頭の中の携帯電話。原作、乙一だったのか、そうだったのか。そのほかの物語もどれも素敵できゅんと 1話目の『Calling you』を読んでる途中で、あれ?この話知ってる?って思ったら、映画で見たんだった。頭の中の携帯電話。原作、乙一だったのか、そうだったのか。そのほかの物語もどれも素敵できゅんとする感じで、その中でも特に好きなのは、『手を握る泥棒の話』と『しあわせは子猫のかたち』の2篇。腕時計とか、メモとか、子猫の行動とか、実像が分からない(または無い)ふたりを繋ぐ小道具の使い方が印象的。それにしても白乙一の作品は、泣けちゃって泣けちゃって非常に困ります・・・。泣きたい人におすすめな短篇集。 …続きを読む
    風眠
    2012年09月21日
    74人がナイス!しています
  • むっちゃよい短編集やった 失はれる物語 切なく悲しいはなしやった。いろんな事をじっくり考えたくなった。 しあわせは子猫のかたち この話もすき よくできた小説やった 人にすすめたくなる内容。 むっちゃよい短編集やった 失はれる物語 切なく悲しいはなしやった。いろんな事をじっくり考えたくなった。 しあわせは子猫のかたち この話もすき よくできた小説やった 人にすすめたくなる内容。
    たか
    2016年01月05日
    62人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品