臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート4 201号室の災厄

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年10月01日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784048536837

臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート4 201号室の災厄

  • 著者 麻々原 絵里依
  • 原作 有栖川 有栖
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年10月01日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784048536837

不可解な殺人の謎を解き明かす、犯罪学者・火村の推理が冴える──!!

都内のホテルで起きた殺人事件。宿泊客であった火村は、殺人事件で容疑者に監禁されてしまった──!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート4 201号室の災厄」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「わらう月」は原作共々、「2つの月が嗤っていた」という一文が印象的。表題作は英語で交わされた話を日本語として横にする時に吹き出しとの見切りの工夫を伺えます。「ブラジル蝶の謎」は今の状況はさらにアグリネ 「わらう月」は原作共々、「2つの月が嗤っていた」という一文が印象的。表題作は英語で交わされた話を日本語として横にする時に吹き出しとの見切りの工夫を伺えます。「ブラジル蝶の謎」は今の状況はさらにアグリネスかキメラ的なんだろうな。各話の前後にその話に関わるミニイラストが収録されているのがとても面白い。残念ながらここで桜井京介シリーズや三毛猫ホームズ、「黒猫の三角」などのミステリーのコミカライズを掲載していたミステリDXが休刊となり、コミカライズも中断となりました。「ダリの繭」とか見てみたかったのに・・・orz …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2012年09月29日
    24人がナイス!しています
  • 表題作は、何故か原作でミルトンをプロレスラーのようにイメージして読んでいた事に、コミカライズを見た時に気づく。趣味が筋力トレだからという安直さ。あまり痛々しくなくてウンザリ感の方が出ていた感じ。ショー 表題作は、何故か原作でミルトンをプロレスラーのようにイメージして読んでいた事に、コミカライズを見た時に気づく。趣味が筋力トレだからという安直さ。あまり痛々しくなくてウンザリ感の方が出ていた感じ。ショートストーリーはコミカルで良いですね。 …続きを読む
    つたもみじ
    2014年01月21日
    17人がナイス!しています
  • 小説でとてもインパクトがあった「わらう月」はコミックになってもそのままのイメージでした。「201号室の災厄」は家具の配置とかコミックになるとすごくわかりやすかったし「ブラジル蝶の謎」での現場の天井の蝶 小説でとてもインパクトがあった「わらう月」はコミックになってもそのままのイメージでした。「201号室の災厄」は家具の配置とかコミックになるとすごくわかりやすかったし「ブラジル蝶の謎」での現場の天井の蝶とかコミック化するものをうまく選んでいると感心しました。コミカライズがここで止まってしまったことを思うと「ブラジル蝶~」でのラストのアリスのセリフが重いです。こちらも描き下ろしの「2001号室の災厄」が楽しかったですね。麻々原さん自身がこのシリーズが好きなのがとても伝わってきます。 …続きを読む
    aquamarine
    2012年10月26日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品