名字の歴史学

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年03月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784047033627

名字の歴史学

  • 著者 奥富 敬之
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年03月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784047033627

日本の名字の歴史を体系的に解明!

世界に例を見ないほど多種多様な日本の名字。歴史と文化に育まれてきた名字はどのように生み出され、現代に至ったのか。そのルーツをたどり、成立や特徴、そこに込められた日本人の想いを解き明かす。

〈目次〉
   はじめに

第一章 姓名は、天皇から賜わるもの
    一 氏族をたばねた氏姓制度
    二 天皇の権威を高めた賜姓
    三 戸籍を軸にした律令体制
    四 財政難が招いた臣籍降下
    五 源平藤橘の意味

第二章 名字は自分から名乗るもの
    一 史料で見る名字と苗字
    二 公家の名字、武家の名字
    三 惣領家の名字、庶子家の名字
    四 頼朝による源姓の独占

第三章 姓名と名字の存続を決めるもの
    一 賜姓によって行なわれる改姓
    二 ときの権力によって左右される名字の存続
    三 庶民が名字を名乗らなかった理由

第四章 実名の変遷
    一 さまざまな実名
    二 一族の絆を深める系字と通字
    三 天皇の実名は使えない
    四 一般庶民の名前

    あとがき

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「名字の歴史学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本人の名前の歴史。主に名字(上の名前)に関して。古代から近代までの変遷が、詳細に書かれている。とても良かった。ネットで調べてもハテナだった疑問がいろいろと解決した。最初は、氏名(うじめい:グループ名 日本人の名前の歴史。主に名字(上の名前)に関して。古代から近代までの変遷が、詳細に書かれている。とても良かった。ネットで調べてもハテナだった疑問がいろいろと解決した。最初は、氏名(うじめい:グループ名みたいなの)があり、次いで天皇から姓(かばね)という称号が与えられ始める(氏名も与えられた?)。その後、氏名と姓名が合体して同じ意味になっていく。そして、名字が出てくる。これは天皇から賜った姓名(氏名)と違い、勝手に名乗った名前。こんな風に昔は氏、姓、名字の意味は違っていたが、現代ではほぼ同じ意味になる。 …続きを読む
    15deossan
    2015年12月12日
    1人がナイス!しています
  • 明快な文章で、日本人の名字の起源・変遷・由来等についてざっと見渡せるので、この分野の知識の乏しい自分でも読めました。基本的な説明や根拠は省いている部分もありますが、かえって読みやすかったです。 明快な文章で、日本人の名字の起源・変遷・由来等についてざっと見渡せるので、この分野の知識の乏しい自分でも読めました。基本的な説明や根拠は省いている部分もありますが、かえって読みやすかったです。
    邑尾端子
    2012年05月26日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品