お家相続 大名家の苦闘

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784047033689

お家相続 大名家の苦闘

  • 著者 大森 映子
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784047033689

大名は、どのようにして家の存続を図り、どのように相続したのか。

大名にとって後継者の確保は家の存続にかかわる重大事だった。幕府への無届けや年齢詐称、当主や嫡子の入れ替えなど、公的な表の史料では決して窺えない大名家のお家相続の実態、幕府と大名との関係を探る。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「お家相続 大名家の苦闘」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • お家存続のために人をすり替えたり、いないことにしたり、年齢が操作されたりと、苦労の様子が見て取れて興味深い。本書に記載があるのはこれでも一部でしょうから、他の事例についても読んでみたい。 お家存続のために人をすり替えたり、いないことにしたり、年齢が操作されたりと、苦労の様子が見て取れて興味深い。本書に記載があるのはこれでも一部でしょうから、他の事例についても読んでみたい。
    連盟
    2018年11月18日
    2人がナイス!しています
  • 大名家にとって一大事だった「相続」。記録を紐解くと跡取りが夭折、長じても病死する家の多さに驚く。これでは、どの家も常に廃絶の危機と隣り合わせにあったといってもいい。末期養子や仮養子といった制度も根本的 大名家にとって一大事だった「相続」。記録を紐解くと跡取りが夭折、長じても病死する家の多さに驚く。これでは、どの家も常に廃絶の危機と隣り合わせにあったといってもいい。末期養子や仮養子といった制度も根本的な解決にはならず、弟を養子にする、兄弟を入れ替えて養子にする、替え玉と入れ替えるなどなど、色々な裏技が横行。幕府は知っていながらも、諸藩が混乱するよりはと黙認していた。幕府の公式な記録と、各家の私的な記録に齟齬があるのも当然か。取り繕った建前である公式記録は、一体どこまで信用出来るのか?という疑問がわく一冊。 …続きを読む
    印度洋一郎
    2011年07月09日
    1人がナイス!しています
  • 生物基準の社会は大変だ 生物基準の社会は大変だ
    たぬき
    2010年07月12日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品