試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043490042

聊斎志異の怪

  • 著者 蒲 松齢
  • 訳者 志村 有弘
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043490042

国境を超え、世界最大の怪異小説集は語り継がれる……。

芥川龍之介や森鴎外にも影響を与えた『聊斎志異』は、中国・清の蒲松齢が四〇〇篇以上の民間伝承をまとめた、世界最大の怪異譚アンソロジー。幽霊譚・動物奇談・妖怪譚などを選りすぐり、現代語訳で紹介。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「聊斎志異の怪」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 清の時代、蒲松齢が書いた怪異譚。生者と死者が簡単に交流していたり龍の扱いがぞんざいなのが印象深い。怖い話というよりは不思議な話だった。映画『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』の原作が『聊斎志異』の一 清の時代、蒲松齢が書いた怪異譚。生者と死者が簡単に交流していたり龍の扱いがぞんざいなのが印象深い。怖い話というよりは不思議な話だった。映画『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』の原作が『聊斎志異』の一篇であるということで本書を読んだが抄訳で目的の一篇『聶小倩』は載っていなかったのが残念。『聊斎志異』の一篇から題をとった芥川龍之介と太宰治の小説とその元ネタの両方が載っている。 …続きを読む
    花乃雪音
    2020年08月20日
    18人がナイス!しています
  • 「幻は人間が自ら作り出すものです。わたしなぞに何がわかりましょうや」幽霊、狐、妖怪、龍、あらゆる怪異が跋扈する、清代中国の怪異譚から37篇を精選。また芥川龍之介と太宰治による抄訳3篇も収録されている。 「幻は人間が自ら作り出すものです。わたしなぞに何がわかりましょうや」幽霊、狐、妖怪、龍、あらゆる怪異が跋扈する、清代中国の怪異譚から37篇を精選。また芥川龍之介と太宰治による抄訳3篇も収録されている。面白いのは幽霊と生者の距離が近いところだ。あの世からやって来た死者は本邦のそれに比べると饒舌で、何なら同居生活を営むことさえあり、儒教社会における親子の繋がりの深さも出ているのかなと思った。怖いというよりはどこかユーモラスで面白い。当時の風俗や時代背景も踏まえて読めばまた違った面白味があるのだろうか。 …続きを読む
    東京湾
    2020年04月05日
    10人がナイス!しています
  • 中国の昔話で、とても面白い。色っぽいものが多いです。聊斎志異を元にした芥川さんと太宰さんの短編も載っていますが、元ネタの方が面白いと思う。特に「竹青」奥さんが竹青の顔になってたって酷すぎる。。。この本 中国の昔話で、とても面白い。色っぽいものが多いです。聊斎志異を元にした芥川さんと太宰さんの短編も載っていますが、元ネタの方が面白いと思う。特に「竹青」奥さんが竹青の顔になってたって酷すぎる。。。この本には載っていませんが、諸星大二郎さんが描いた「竹青」はとても凛々しくて素敵な竹青でした。 …続きを読む
    Ayah Book
    2019年02月12日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品