ビルマ軍事政権とアウンサンスーチー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年05月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
278
ISBN:
9784047041295

ビルマ軍事政権とアウンサンスーチー

  • 著者 田辺 寿夫
  • 著者 根本 敬
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年05月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
278
ISBN:
9784047041295

アウンサウンスーチーとビルマ軍事政権

5万部突破の前著『ビルマ-発展する人々-』(岩波新書)から7年、軍事政権が全権を掌握するミヤンマー(ビルマ)をビルマ研究の第一人者が人権侵害、経済疲弊の現状をルポ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ビルマ軍事政権とアウンサンスーチー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 出版が2003年で、アウンサンスーチー氏が大統領に選出された事は載っていないが、ミャンマーや彼女の歴史・混乱を知る上で重要な一冊。タイ留学時ミャンマー人の友人が出来、興味は持っていたが、全然勉強出来て 出版が2003年で、アウンサンスーチー氏が大統領に選出された事は載っていないが、ミャンマーや彼女の歴史・混乱を知る上で重要な一冊。タイ留学時ミャンマー人の友人が出来、興味は持っていたが、全然勉強出来ていなかったので、今回は良い機会だった。本書の中に日本政府がビルマ軍事政権を承認し、世界各国から批難を浴びた件があり、著者は北風と太陽の話を持ち出して日本流のやり方を表面的に称賛していたが、それはおかしい。著者が政府とどんな繋がりがあるのかは分からないが、おそらく本心を書けていない所に政府の狡猾さがあると思う。 …続きを読む
    Kei
    2016年06月28日
    10人がナイス!しています
  • 読了。タイムリーな話題であるアウンサンスーチーとミャンマーの軍事政権について詳しく言及されている。少々ビルマ人を美化しすぎなようだが、わかりやすく親しみの持てる文章だったので、秀逸な本であると思う。ミ 読了。タイムリーな話題であるアウンサンスーチーとミャンマーの軍事政権について詳しく言及されている。少々ビルマ人を美化しすぎなようだが、わかりやすく親しみの持てる文章だったので、秀逸な本であると思う。ミャンマーやアウンサンスーチーさんについて詳しく知りたい方はまずこの本から入ってみるといい。 …続きを読む
    ティス@考える豚
    2010年12月08日
    1人がナイス!しています
  • 面白さ:△   興味:○   読みやすさ:○   新鮮さ:×   文学的云々:× 面白さ:△   興味:○   読みやすさ:○   新鮮さ:×   文学的云々:×
    OMO
    2019年09月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品