ヴィドック

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
212
ISBN:
9784042896012

ヴィドック

  • 著者 ジャン・クリストフ・グランジェ
  • 訳者 江崎 リエ
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
212
ISBN:
9784042896012

衝撃×興奮!全細胞が狂気するハイパー・ゴシック・ミステリー

19世紀のパリ。凶悪犯から警官となり、市民に愛されたヴィドックの死が、街中を震撼させた。犯人は”鏡の顔を持つ男”。伝説の英雄と謎の殺人鬼の対決、隠された陰謀--『クリムゾン・リバー』のJ.ク


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ヴィドック」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「クリムゾン・リバー」のジャン=クリストフ グランジェによる同名映画のノベライズです。19世紀、世界で初めて私立探偵を職業としたフランソワ・ヴィドックが主役。1830年頃の魔窟のようなパリの雰囲気や鏡 「クリムゾン・リバー」のジャン=クリストフ グランジェによる同名映画のノベライズです。19世紀、世界で初めて私立探偵を職業としたフランソワ・ヴィドックが主役。1830年頃の魔窟のようなパリの雰囲気や鏡の仮面の殺人者など、設定や道具立ては良いのですが、中身はスカスカです。素人が考えてもあり得ない殺人方法は、ゴシック・ホラーといわれれば納得せざるを得ません。テンポが映画まんまなので、場面転換が小説のそれとはそぐわず、結局、何も残りませんでした。ヴィドックという実在の怪人物を発見したことが唯一の収穫です。 …続きを読む
    hit4papa
    2016年12月01日
    13人がナイス!しています
  • 再読。映画も観たのだけれど・・・。たぶんフランスでは著名なのだろうけれど、馴染みがないせいか今一つのめり込めなかったかな。フランス革命前夜の物語としては、興味深いのだが。 再読。映画も観たのだけれど・・・。たぶんフランスでは著名なのだろうけれど、馴染みがないせいか今一つのめり込めなかったかな。フランス革命前夜の物語としては、興味深いのだが。
    眠る山猫屋
    2015年12月18日
    9人がナイス!しています
  • 最後まで読み通せる程度の面白さはあった。ただ読み終わっても何だかスッキリしない。雷殺人が物語の始まりだったのに、最後の方で全く触れられていない。どうでも良くなった。時間の無駄だったかも。 最後まで読み通せる程度の面白さはあった。ただ読み終わっても何だかスッキリしない。雷殺人が物語の始まりだったのに、最後の方で全く触れられていない。どうでも良くなった。時間の無駄だったかも。
    wisteria
    2016年03月26日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品