爬虫館事件   新青年傑作選

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年08月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784043449019

爬虫館事件   新青年傑作選

  • 著者 横溝 正史
  • 著者 水谷 準
  • 著者 城 昌幸
  • 著者 江戸川 乱歩
  • 著者 瀬下 耽
  • 著者 夢野 久作
  • 著者 地味井 平造
  • 著者 大地 丙太郎
  • 著者 香山 滋
  • 著者 三橋 一夫
  • 著者 久生 十蘭
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年08月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784043449019


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「爬虫館事件   新青年傑作選」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大正15年~昭和25年に『新青年』に掲載された探偵・恐怖小説19作品。乱歩、横溝、夢野の名前に惹かれて手に取りましたが、名前すら知らなかった作家さんの作品もあり、それがまた新鮮で興味深く読めました。横 大正15年~昭和25年に『新青年』に掲載された探偵・恐怖小説19作品。乱歩、横溝、夢野の名前に惹かれて手に取りましたが、名前すら知らなかった作家さんの作品もあり、それがまた新鮮で興味深く読めました。横溝『面影双紙』の雰囲気は格別でした。表題作の海野十三『爬虫館事件』は、名探偵・帆村壮六のキャラもよし、うわっ…なトリックも面白い。「このえやみ、後にジパングに入りて人面瘡というものになれり…」瀬下耽『柘榴病』、地味井平造『水色の目の女』、白昌幸『十・-』等、昭和初期に書かれた作品が特に好み。 …続きを読む
    Mina
    2015年02月26日
    50人がナイス!しています
  • 大正~昭和にかけて「新青年」誌に掲載された、探偵・怪奇小説作品のベスト・セレクション。19編のうち、既読は久作と三橋一夫の2編のみだったので、ホクホク。今どき(?)の、阿鼻叫喚の描写満載のホラーや、謎 大正~昭和にかけて「新青年」誌に掲載された、探偵・怪奇小説作品のベスト・セレクション。19編のうち、既読は久作と三橋一夫の2編のみだったので、ホクホク。今どき(?)の、阿鼻叫喚の描写満載のホラーや、謎に次ぐ謎!って感じのミステリも好物だけど、この時代の、ほの暗く静かな恐怖感を湛えた怪奇小説には、またたまらない味わいがある。幻想的な語りの中に、作者のアブノーマルな感性が ぼんやりと現れだす瞬間が好きだ。 …続きを読む
    うーちゃん
    2016年04月20日
    24人がナイス!しています
  • 昭和初期に発刊されていた雑誌「新青年」の作品を集めたアンソロジー。横溝、乱歩、夢久と言った有名どころから、初めて名前を聞く作家まで。文章の持つ仄暗い色気に惹き込まれる。論理では割り切れない、纏わり付く 昭和初期に発刊されていた雑誌「新青年」の作品を集めたアンソロジー。横溝、乱歩、夢久と言った有名どころから、初めて名前を聞く作家まで。文章の持つ仄暗い色気に惹き込まれる。論理では割り切れない、纏わり付くような美しい狂気。語られ過ぎない美徳がある。お気に入りは、瀬下耽「柘榴病」、南沢十七「氷人」、三橋一夫「猫柳の下にて」。当時のハイセンスな文学を堪能できる、良いアンソロジーだった。 …続きを読む
    カノコ
    2016年07月31日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品