オペラ座の怪人

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2000年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784042840015

オペラ座の怪人

  • 著者 ガストン・ルルー
  • 訳者 長島 良三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2000年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784042840015

夜毎華麗な舞台が繰り広げられる世紀末のオペラ座。その裏では今日もまた、無人の廊下で足音が響き、どこからともなく不思議な声が聞こえてくる。どくろの相貌を持つ〈オペラ座の怪人〉とは何ものなのか?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「オペラ座の怪人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • クリスティーヌとラウルは結局どうなったのだろう。美しく身分の高いお金持ちのラウルと、自分の醜さを恥じて顔を隠して人目をはばかって生きていかなければならなかったエリックはともにクリスティーヌを愛する。芸 クリスティーヌとラウルは結局どうなったのだろう。美しく身分の高いお金持ちのラウルと、自分の醜さを恥じて顔を隠して人目をはばかって生きていかなければならなかったエリックはともにクリスティーヌを愛する。芸術の才能に溢れたエリックが、それを彼女に教えることで彼女の愛を要求するのは卑怯にも思えたが、終盤になるにつれ、彼の切なさや苦しさが胸に迫ってきた。怪人が最後に触れたのは本当の愛ですらなかっただろうに、それに涙し動揺した姿が哀れだ。読後には彼の罪よりも哀れさばかりが心に残る。 …続きを読む
    ケイ
    2015年08月20日
    97人がナイス!しています
  • 「オペラ座の怪人」。ミュージカルも映画もあまりにも有名で、いつか原作を読みたいと数年来積んでいた本をやっと手に取った。醜い容姿故に誰の愛も得られなかった「怪人」、彼にはエリックという名前がありただ愛さ 「オペラ座の怪人」。ミュージカルも映画もあまりにも有名で、いつか原作を読みたいと数年来積んでいた本をやっと手に取った。醜い容姿故に誰の愛も得られなかった「怪人」、彼にはエリックという名前がありただ愛される事を望むひとりの生身の人間だった。怪人の愛は歪んでいるが「可哀想な不幸せなエリック」のラストの姿に胸が締め付けられた。諸事情で読んでいる途中でミュージカル映画を観てしまったが、こちらも良くできていた。この作品は美しい映像とあのインパクトのある哀しい音楽で感動が倍増する。本場のミュージカルはどんなだろう。 …続きを読む
    miww
    2018年08月18日
    86人がナイス!しています
  • 心を閉じた理由が心を開くカギ、愛。芸術の美しさを引き出す心の純粋さ。ダーエ親子が築き上げた「明」に対するエリックの「暗」。明暗の奏でる調べに「明」が広がる印象。天使という夢と現実の乖離に苦しむのではな 心を閉じた理由が心を開くカギ、愛。芸術の美しさを引き出す心の純粋さ。ダーエ親子が築き上げた「明」に対するエリックの「暗」。明暗の奏でる調べに「明」が広がる印象。天使という夢と現実の乖離に苦しむのではなく、エリックの心の傷を慈しむ一貫性。これも愛情。ダロガも同様。一方、対照的な支配人。不信が生み出す疑念や憎悪。欲が盲目となり、本質を見失う過程も著者のメッセージ。クリスティーヌとラウルの選択も、エリックの最期も本人の意思であり自然。人の噂も300日であり、昨今のゴシップの溢れる世の中への批判ともとれるなぁ。 …続きを読む
    thayami
    2016年05月07日
    73人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品