ムーチョ・モージョ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784042701026

ムーチョ・モージョ

  • 著者 ジョー・R・ランズデール
  • 訳者 鎌田 三平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784042701026


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ムーチョ・モージョ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • こりゃ痛快でクセがあって面白い!!口が悪くて乱暴者だが、女子供と年寄りにゃ弱い白人のハップと黒人のルナードの名コンビ。あるときルナードの叔父さんが亡くなり、叔父さんの家で遺品の整理をしていた二人は恐ろ こりゃ痛快でクセがあって面白い!!口が悪くて乱暴者だが、女子供と年寄りにゃ弱い白人のハップと黒人のルナードの名コンビ。あるときルナードの叔父さんが亡くなり、叔父さんの家で遺品の整理をしていた二人は恐ろしいものを見つける。それは児童ポルノ誌で包まれた子供の骸骨だった。下品だけど面白いとの前評判を聞いて読んだが、思ってたほど下品じゃなかった。私の品性の問題か?笑。ごく頻繁に下ネタがよく混じる彼らの会話はとても粋で心地よい。https://chirakattahondana.com/ムーチョ・モージョ/ …続きを読む
    honyomuhito
    2018年11月21日
    64人がナイス!しています
  • 怒れる黒人のゲイ、レナードと、前科持ち女好きの白人ハップ。この汗と埃の匂いでむせかえるような野卑な二人が、胸糞な舞台で醜悪な真相にオフビートで挑む。品性の欠片もないこの白黒コンビがとにかく痛快。だらだ 怒れる黒人のゲイ、レナードと、前科持ち女好きの白人ハップ。この汗と埃の匂いでむせかえるような野卑な二人が、胸糞な舞台で醜悪な真相にオフビートで挑む。品性の欠片もないこの白黒コンビがとにかく痛快。だらだらと床の張り替えしてても、料理してても、殴り込んでも、何やってても面白い。とどめの「なあ、ハップ、愛してるよ。ケンカするか」←クラクラきた! 最初に邦訳された『罪深き誘惑のマンボ』のみ既読だったが、なぜこんなにもツボだらけのシリーズを放置していたのか、自分で自分をぶん殴りたい。年間トップ5がまたしても揺れたぜ …続きを読む
    ずきん
    2018年10月30日
    63人がナイス!しています
  • 東テキサスでその日暮らしを送る白人のハップとゲイの黒人レナード。死去したレナードの叔父の家を掃除中に児童ポルノと子供の骸骨を発見。レナードは叔父の無実を信じてハップと共に捜査を始める。毒舌コンビハップ 東テキサスでその日暮らしを送る白人のハップとゲイの黒人レナード。死去したレナードの叔父の家を掃除中に児童ポルノと子供の骸骨を発見。レナードは叔父の無実を信じてハップと共に捜査を始める。毒舌コンビハップ&レナードシリーズ。ランズデールは短編や他の作品は読んでいたがこのシリーズは未読だったが思いのほか面白くあたりを引いた感じ。シニカルで下品で荒っぽいが心根は優しく正義感が強いハップとレナードのコミカルな丁々発止のやり取りが楽しい。次作以降も追って行きたい。 …続きを読む
    ネコベス
    2018年09月09日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品