罪深き誘惑のマンボ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年08月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784042701019

罪深き誘惑のマンボ

  • 著者 ジョー・R・ランズデール
  • 訳者 鎌田 三平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年08月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784042701019

貧乏白人ハップとゲイの黒人レナードの二人組が失踪した黒人女性弁護士を探しにテキサス州のKKKに支配された町に乗り込む。アメリカ南部の雰囲気と人種差別の実態をリアルに描くサスペンス。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「罪深き誘惑のマンボ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読。ストレートの白人ハップと、ゲイの黒人レナードシリーズ3。失踪したフロリダの消息を追い、人種差別の巣窟の街へと乗りこむ二人。舞台も事件も胸糞悪いどこじゃないが、初っぱなの三行で爆笑、さらに研きがか 再読。ストレートの白人ハップと、ゲイの黒人レナードシリーズ3。失踪したフロリダの消息を追い、人種差別の巣窟の街へと乗りこむ二人。舞台も事件も胸糞悪いどこじゃないが、初っぱなの三行で爆笑、さらに研きがかかった品性の欠片もない会話と、意外に詩人なハップの胸中吐露、読み手の期待をあっさりへし折る展開がもう見事。レナードが恋人ラウルにぶちかますマッチョの矜持にゃしびれるし、ハップが見る光景は美しく哀しい。タイトルと余韻に嘆息。日本では最初に翻訳されたけど、「ムーチョ・モージョ」から読んだ方が断然いい。最高っす! …続きを読む
    ずきん
    2018年11月08日
    57人がナイス!しています
  • ハップとレナードはハンソン警部からグローブタウンという町で消息を絶ったフロリダの捜索を依頼された。グローブタウンは黒人差別が根強い町だった。非協力的な住人の態度に苛立つハップとレナード。白人に対して一 ハップとレナードはハンソン警部からグローブタウンという町で消息を絶ったフロリダの捜索を依頼された。グローブタウンは黒人差別が根強い町だった。非協力的な住人の態度に苛立つハップとレナード。白人に対して一歩も引かない挑発的なレナードに怒った住民達によるリンチを受け二人は重傷を負う。無法がまかり通る田舎町を舞台にハップ&レナードが人種差別主義者を相手に奮闘する。前作に負けず劣らず下品で饒舌なレナードのキレのある悪口雑言が面白い。シリーズ物なのにフロリダは死去、ハンソンは寝たきり状態というシリアスな展開に驚いた。 …続きを読む
    ネコベス
    2018年09月18日
    24人がナイス!しています
  • ★5:読了後、ここまでぐったりしたサスペンス小説もなかなかない。ハップのセリフじゃないが、この圧倒的無力感ってなんなのだ?ラスト、衝撃的結末とやらが待ってたが、それすらも「だからどうした?」って状態で ★5:読了後、ここまでぐったりしたサスペンス小説もなかなかない。ハップのセリフじゃないが、この圧倒的無力感ってなんなのだ?ラスト、衝撃的結末とやらが待ってたが、それすらも「だからどうした?」って状態で。しかしまぁ、人種差別もここまでくると偏見超越した、もはや一つの狂信的宗教と言っていいレベルである。アメリカにて、人種差別を禁じた法律・公民権法ができたのが1964年。あれからまだ53年しか経ってないこと考えると、本書に登場するグローブタウンのような田舎町が、⇒ …続きを読む
    さき
    2017年08月12日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品