手紙

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1956年02月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
128
ISBN:
9784042129042

手紙

  • 著者 S・モーム
  • 訳者 西村 孝次
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1956年02月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
128
ISBN:
9784042129042

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「手紙」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 出だしの数行で設定や人物にグワッと引き込まれる、あの堪らない瞬間を味わわせてくれる。モームの描く女性はある一つの特徴を有しているように思う。表題作と「環境の力」、いずれもイギリス領植民地を舞台にした2 出だしの数行で設定や人物にグワッと引き込まれる、あの堪らない瞬間を味わわせてくれる。モームの描く女性はある一つの特徴を有しているように思う。表題作と「環境の力」、いずれもイギリス領植民地を舞台にした2編を収録。 …続きを読む
    こばまり
    2018年01月18日
    49人がナイス!しています
  • 「手紙」。テーマは「金と隠蔽」かな?人間の持つ闇が描かれた作品だった。物語としてはミステリーあり、冷静沈着な人間の変貌あり、頭脳明晰な人間同士の駆け引きあり、で非常に面白かった。「金の力によって真実が 「手紙」。テーマは「金と隠蔽」かな?人間の持つ闇が描かれた作品だった。物語としてはミステリーあり、冷静沈着な人間の変貌あり、頭脳明晰な人間同士の駆け引きあり、で非常に面白かった。「金の力によって真実が闇に葬られる」というエンディングは恐ろしかったけど、往々にしてある事なんだろう。裁判で相手に弱みとなる証拠を握られている場合、それが取り引き道具になるというのは現実でもしばしばありそう。あえてモームが中国人を登場させているのも興味深い。中国人が何だか薄気味悪い人間として描かれていたのも興味深かった。 …続きを読む
    ももたろう
    2016年11月10日
    24人がナイス!しています
  • モームの短編の名作と評価されている「手紙」は、ある女性が知人の男性に襲われて正当防衛で射殺したと思われた事件が、女性から男性への手紙が出てきたことで局面が転換する…というサスペンス。併録の「環境の力」 モームの短編の名作と評価されている「手紙」は、ある女性が知人の男性に襲われて正当防衛で射殺したと思われた事件が、女性から男性への手紙が出てきたことで局面が転換する…というサスペンス。併録の「環境の力」は、マレーに駐在している夫婦の夫に、結婚前に現地妻と子供3人がいたことが明らかになり、夫婦の関係が冷めてやがて妻が出て行く…という短編。2話とも、ラストが意外なものとなっていて、読者は多少なりとも人間不信が煽られ、何とも言えない後味の悪さのある読後感を残す。この後味の悪さを著者は敢えて狙っている様である。 …続きを読む
    yama
    2019年06月06日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品