試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1958年04月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
128
ISBN:
9784042087021

白夜

  • 著者 ドストエフスキー
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1958年04月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
128
ISBN:
9784042087021

ペテルブルグに住む貧しいインテリ青年の孤独と空想の生活に、白夜の神秘に包まれた一人の少女が姿を現し、夢のような淡い恋心が芽生え始める頃、この幻はもろくもくずれ去ってしまう……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「白夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 貧しいインテリ青年が空想する淡い恋物語。神秘的な白夜のペテルブルク。夢を描いた少女と出会い、恋に落ち、生涯の運命を約束する。二人の愛が最高潮に達した瞬間に幻影は崩れ去り、街角に消える。二人の恋、気持ち 貧しいインテリ青年が空想する淡い恋物語。神秘的な白夜のペテルブルク。夢を描いた少女と出会い、恋に落ち、生涯の運命を約束する。二人の愛が最高潮に達した瞬間に幻影は崩れ去り、街角に消える。二人の恋、気持ちの高ぶりを共感しながら、最後は主人公と共に夢から現実に引き戻される。淡い夢から目覚めた時のやり場のない虚しさ、余韻。時間の経過に従い懐かしさと共に整理・記憶されていく様々な思い出。説教じみた大作で有名なドストエフスキー。本作ではデリケートな愛情を持った詩人としての一面を見せる。ペテルブルグ、行ってみたい。 …続きを読む
    takaichiro
    2020年02月14日
    126人がナイス!しています
  • ドストエフスキーにはめずらしい、甘い抒情的な失恋物語。主人公の青年と美しい少女が瞬間的に心を通わせて、その気持ちがもろく崩れ去っていくところが読み手の心に物悲しい感情を呼び起こす。後期の人間の心の暗部 ドストエフスキーにはめずらしい、甘い抒情的な失恋物語。主人公の青年と美しい少女が瞬間的に心を通わせて、その気持ちがもろく崩れ去っていくところが読み手の心に物悲しい感情を呼び起こす。後期の人間の心の暗部まで足を踏み入れた作品を書く前に、ドストエフスキーがこのような物語を作り上げていたことが興味深い。この叙情性を土台にしていたからこそ、『罪と罰』や『白痴』のような多くの人にアピールできる小説を書けたのかもしれない。 …続きを読む
    新地学@児童書病発動中
    2015年04月12日
    126人がナイス!しています
  • 読メでオススメされて読みました。モスクワへ行った恋人の帰りを待つナースチェンカと空想家の貧しいインテリ青年との淡い恋の物語。この作品はドストエフスキーが持つ「毒」は薄めで、内容も短いので、初めて読む人 読メでオススメされて読みました。モスクワへ行った恋人の帰りを待つナースチェンカと空想家の貧しいインテリ青年との淡い恋の物語。この作品はドストエフスキーが持つ「毒」は薄めで、内容も短いので、初めて読む人にも比較的読みやすい作品だと思います。結末はなんとなく予想できましたが、単純にナースチェンカが狡いと言うか酷い。でも恋愛において、こう言ったことは良くあることなのかなと思うと切ないです。フラレた青年が酷く哀れ。「ああ、幸福な人間というものは、時によるとなんてやりきれないものなんだろう!」 …続きを読む
    蓮子
    2016年03月03日
    109人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品