レ・ミゼラブル 4

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784042007128

レ・ミゼラブル 4

  • 著者 ヴィクトル・ユゴー
  • 訳者 石川 湧
  • 写真撮影 ソニー・ピクチャーズ
  • カバーデザイン 宇野 亜喜良
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784042007128

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「レ・ミゼラブル 4」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • さすがは名作、読み終わって達成感があった。ジャンの過去への決着、その後のマリユスのジャンに対する不信感がどうなるのか気がかりだったが、実の父親の時と違ってジャンの生きているうちに分かり合えて感動的だっ さすがは名作、読み終わって達成感があった。ジャンの過去への決着、その後のマリユスのジャンに対する不信感がどうなるのか気がかりだったが、実の父親の時と違ってジャンの生きているうちに分かり合えて感動的だった。 …続きを読む
    shosho
    2020年01月03日
    1人がナイス!しています
  • ついにレ・ミレラブル読破。かなり時間はかかったがやっと読み終えることができた。 物語の終盤が壮大で感動した。読破するのに苦労したが読んだかいがあった。次は原文にチャレンジしたい。 ついにレ・ミレラブル読破。かなり時間はかかったがやっと読み終えることができた。 物語の終盤が壮大で感動した。読破するのに苦労したが読んだかいがあった。次は原文にチャレンジしたい。
    後ろ前P
    2016年06月08日
    1人がナイス!しています
  • やっと読破。4巻は色々な人物に動きがあって読みやかったと感じた。ジャンの思考、ジャヴェールの思考、マリユスの思考…。それぞれが善と悪の間で揺れ、己にとって何が重要か、愛する者にとって何が重要か、恩人に やっと読破。4巻は色々な人物に動きがあって読みやかったと感じた。ジャンの思考、ジャヴェールの思考、マリユスの思考…。それぞれが善と悪の間で揺れ、己にとって何が重要か、愛する者にとって何が重要か、恩人にとって何が重要であるかを異なった思考で考察し、様々な結論を出し迎えた結末は、なんとも言えないものだった。少なくとも、それぞれがそれぞれの想いを胸に生き抜いたことを感じることができた。 …続きを読む
    せきぐち
    2015年01月07日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品