レ・ミゼラブル 3

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784042007111

レ・ミゼラブル 3

  • 著者 ヴィクトル・ユゴー
  • 訳者 石川 湧
  • カバーデザイン 宇野 亜喜良
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784042007111


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「レ・ミゼラブル 3」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ゴルボー屋敷の待伏せ事件の緊迫感がとてつもなかった。マリユスがヴァルジャンをとるかテナルディエをとるか…読者視点では、仮にヴァルジャンを助けようと銃を使えばジャヴェールがやって来てしまうので一体どうな ゴルボー屋敷の待伏せ事件の緊迫感がとてつもなかった。マリユスがヴァルジャンをとるかテナルディエをとるか…読者視点では、仮にヴァルジャンを助けようと銃を使えばジャヴェールがやって来てしまうので一体どうなるのかと思った。「救済するためならば、不幸をのぞき見することも許される」という真面目な超理論が面白ポイント。 …続きを読む
    shosho
    2019年12月22日
    1人がナイス!しています
  • レミゼもいよいよ後半戦。マリユスよりの話が多めだった。ジャン・バルジャンがテナルディエの家で捕まった時のドキドキ感がすごかった。第10章の2の最後の方で書かれているのを読んで、「もしかしてここまで前置 レミゼもいよいよ後半戦。マリユスよりの話が多めだった。ジャン・バルジャンがテナルディエの家で捕まった時のドキドキ感がすごかった。第10章の2の最後の方で書かれているのを読んで、「もしかしてここまで前置き…?」と思ったのはここだけの話。いよいよ暴動が始まり、物語はいよいよクライマックスへ。4巻がとても楽しみ。 …続きを読む
    後ろ前P
    2016年05月07日
    0人がナイス!しています
  • やっと3巻目。物語全体が動いてる感じがあったから今までよりも楽に読むことができた。あと1巻。読み切ってやるし…‼︎ やっと3巻目。物語全体が動いてる感じがあったから今までよりも楽に読むことができた。あと1巻。読み切ってやるし…‼︎
    せきぐち
    2014年11月28日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品