本格ミステリー館

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041682036

本格ミステリー館

  • 著者 綾辻 行人
  • 著者 島田 荘司
  • 解説 笠井 潔
  • カバーデザイン 田島 照久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041682036


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「本格ミステリー館」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 島田荘司と綾辻行人。言わば師弟関係とも言える二人がひたすらぐちぐち対談している本、である。 冒頭こそミステリ観のかけちがいで面白く読ませはするが、後はひたすら余談が続く印象。 要のミステリ論も今となっ 島田荘司と綾辻行人。言わば師弟関係とも言える二人がひたすらぐちぐち対談している本、である。 冒頭こそミステリ観のかけちがいで面白く読ませはするが、後はひたすら余談が続く印象。 要のミステリ論も今となっては……観も強く、二人のファンなら読んでもよいかも。 …続きを読む
    SEI
    2018年08月10日
    5人がナイス!しています
  • 「本格とは何か?」を両者が語り合った対談集。本格に対し、渇望感を抱いていた島田と平成の本格作家である綾辻との温度差は結構あり、両者の中で対立する部分もあり、面白い。特に島田はかなり極論を多用する。この 「本格とは何か?」を両者が語り合った対談集。本格に対し、渇望感を抱いていた島田と平成の本格作家である綾辻との温度差は結構あり、両者の中で対立する部分もあり、面白い。特に島田はかなり極論を多用する。この辺が特に危うく、日本人を簡単にカテゴライズしようと懸命である。それに対し綾辻はまだ明確に定義は出来ないものの、漠とした何かを持っており、島田の極論に対し、かなりニュートラルに対応する。面白くはあったが、これを鵜呑みするのが読者の仕事ではない。これを読み、何を考えるのか、それが大事なのだ。 …続きを読む
    Tetchy
    2009年08月05日
    3人がナイス!しています
  • ミステリの議論に収まらず、様々なテーマに触れている。 自分は綾辻行人寄りの意見。 ミステリの議論に収まらず、様々なテーマに触れている。 自分は綾辻行人寄りの意見。
    ゆう
    2018年08月17日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品