奇妙な味の菜館 現代ホラー傑作選第6集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年12月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041576182

奇妙な味の菜館 現代ホラー傑作選第6集

  • 著者 志賀 直哉
  • 著者 芥川 龍之介
  • 著者 横溝 正史
  • 著者 結城 昌治
  • 著者 中島 敦
  • 著者 岡本 綺堂
  • 著者 海野 十三
  • 著者 小酒井 不木
  • 著者 中村 眞一郎
  • 著者 大下 宇陀児
  • 著者 久生 十蘭
  • 著者 夢野 久作
  • 著者 川端 康成
  • 著者 夏目 漱石
  • 編者 阿刀田 高
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年12月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041576182


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「奇妙な味の菜館 現代ホラー傑作選第6集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 一応角川ホラー文庫だし「現代ホラー傑作選」ともあるけれど、そこは阿刀田さん。やっぱりどこまでも奇妙な味の傑作選だった。一番好きな話は中島敦「名人伝」この中の”不射之射”は”守・破・離”の考えを思い出し 一応角川ホラー文庫だし「現代ホラー傑作選」ともあるけれど、そこは阿刀田さん。やっぱりどこまでも奇妙な味の傑作選だった。一番好きな話は中島敦「名人伝」この中の”不射之射”は”守・破・離”の考えを思い出し、一生考えていられそうなくらい深い。他には芥川龍之介「さまよえる猶太人」が信仰とは何なのかの考察が面白くて好き。また中村真一郎「救いを求める声」は切なさが良い。それにしても冒頭がたまたま最近読んだ志賀直哉「剃刀」で、これでもう志賀直哉へのイメージが変な方向で固まってしまったかもしれない。 …続きを読む
    新天地
    2016年12月10日
    8人がナイス!しています
  • 芥川龍之介、川端康成、志賀直哉、中島敦、夏目漱石、横溝正史、夢野久作・・・錚々たる戦前戦後の文学者の「奇妙な味」と呼ばれる短編を集めたホラーアンソロジー。ミステリ的には無垢な子供心が引き起こす皮肉な犯 芥川龍之介、川端康成、志賀直哉、中島敦、夏目漱石、横溝正史、夢野久作・・・錚々たる戦前戦後の文学者の「奇妙な味」と呼ばれる短編を集めたホラーアンソロジー。ミステリ的には無垢な子供心が引き起こす皮肉な犯罪を描いた大下宇陀児「毒」と妻を殺した男の意外な顛末を描いた久生十蘭「湖畔」が特に印象に残りました。 …続きを読む
    ジャム
    2016年09月24日
    5人がナイス!しています
  • 超有名作家さん達が収録された作品集。 教科書に載っている人だったり、名前は知っているけど読んだことなかった作家さんの作品が読めたりとなかなか面白かったです(^^)まぁ古い作品ばっかりなんで、読みにくい 超有名作家さん達が収録された作品集。 教科書に載っている人だったり、名前は知っているけど読んだことなかった作家さんの作品が読めたりとなかなか面白かったです(^^)まぁ古い作品ばっかりなんで、読みにくいものもありましたが。個人的には久生十蘭の「湖畔」が好き。最初難しくて読みにくいと思ったけど、読み進めるにつれてどんどん物語に引き込まれていきました。また別の作品も読んでみたい。 …続きを読む
    わた
    2018年09月27日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品