あやかしの鼓 夢野久作怪奇幻想傑作選

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年04月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041366110

あやかしの鼓 夢野久作怪奇幻想傑作選

  • 著者 夢野 久作
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年04月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041366110

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「あやかしの鼓 夢野久作怪奇幻想傑作選」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 作家・夢野久作氏の作品による傑作選集。夢野氏の作品の特徴は、一人の人物が延々と話し言葉で事件の顛末を明かしていく独白体形式によるものと、書簡をそのまま地の文として羅列し作品とする書簡体形式によるものが 作家・夢野久作氏の作品による傑作選集。夢野氏の作品の特徴は、一人の人物が延々と話し言葉で事件の顛末を明かしていく独白体形式によるものと、書簡をそのまま地の文として羅列し作品とする書簡体形式によるものが有り、前者は『悪魔祈祷書』『支那米の袋』などで、後者は『瓶詰の地獄』『少女地獄』『押絵の奇蹟』などがある。本書には、『悪魔祈祷書』『支那米の袋』『瓶詰の地獄』が集録されていて、夢野作品の特徴を満喫できる。夢野氏の物語は、江戸川乱歩のように時代を超え、現在でも十分に通用する魅力をふんだんに持っている。 …続きを読む
    ヴェルナーの日記
    2021年05月14日
    233人がナイス!しています
  • 独特の味わいがありました。夢と現が不思議に妖しく交錯する世界は華麗です。ちょっと危険な香りがするのもまた魅力ですね。グロテスクさを感じさせつつも、美しさのある雰囲気が癖になりそうでした。 独特の味わいがありました。夢と現が不思議に妖しく交錯する世界は華麗です。ちょっと危険な香りがするのもまた魅力ですね。グロテスクさを感じさせつつも、美しさのある雰囲気が癖になりそうでした。
    優希
    2016年11月11日
    75人がナイス!しています
  • 癖のある一人称に加え、頻繁にカタカナで表記される表現に手こずりました…。半ば意地で読み終えたのですが、ドグラ・マグラの準備運動くらいにはなったのかなぁ。。。一作目の『死後の恋』が一番好きでした。残酷な 癖のある一人称に加え、頻繁にカタカナで表記される表現に手こずりました…。半ば意地で読み終えたのですが、ドグラ・マグラの準備運動くらいにはなったのかなぁ。。。一作目の『死後の恋』が一番好きでした。残酷なほど儚く美しい恋物語。ロシアの大地に散る血塗られた宝石の正体とは。。。『支那米の袋』ーー現代でも割りと普通に行われてそうで、ゾッとしました。『瓶詰地獄』ーー解説サイトへ直行!『悪魔祈祷書』ーーじわじわくるやつ。妙に実話っぽくて、「やー、ないない」とは言い切れない。全作、濃度濃すぎです。 …続きを読む
    みっぴー
    2017年11月05日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品