トピックス

老後資金2000万円なんてなくても、いくつになっても働いてちょこっと稼げたら、楽しく暮らしていける『あちこちガタは来てるけど 心は元気! 80代で見つけた 生きる幸せ』発売

2022年8月8日(月)発売

株式会社KADOKAWA(代表取締役社長:夏野剛、本社:東京都千代田区、以下KADOKAWA)は、2022年8月8日(月)「がま口の日」に、三重県四日市市在住G3sewingの『あちこちガタは来てるけど 心は元気! 80代で見つけた 生きる幸せ』を刊行いたします。



■82歳で始めたミシンで「がま口バッグ」を作ってます。
84歳の元電気工事士のG3(じーさん)は、82歳のとき、娘に頼まれてミシンを修理。試しに縫ってみたミシンに夢中になり、最初は娘に教えてもらっていたものの、もともと職人だったので、自分で創意工夫して、ミシンの腕がめきめきと上達。

「何か縫いたい」→「縫っている間は静かだから、何か縫わせておこう(家族)」→「材料費がかかるから、売れるものを作らせなきゃ(家族)」→「がま口バッグなんてどう?(家族)」→「がま口バッグが意外と難しくて、職人魂に火がつき研究する日々」→「82歳のG3(じーさん)が手作りしたとは思えない完成度の域に達する」→「帰省した孫に勧められてツイッターで投稿」→「バズって、注文殺到」
現在は、そのときに予約してくれた分のがま口バッグを、毎日、黙々と作る日々。

年金3万円で、病院代にも事欠く日々。一日中ベッドで過ごし、天国からのお迎えを待つばかりの日々が、「ミシンでがま口バッグを作る」という生きがいに出会い、激変!

「朝起きて、やらなあかん仕事がある。こんなに幸せなことはない」と笑顔で語るG3(じーさん)。
体は衰えていくけれど、心が元気になったG3から一言。「生きがいがあるから、毎日楽しい。今が一番、幸せ」






【本人コメント】
今の時代は、すごいなー。
ついったーから、注文くれました。
アメリカンドリームみたいや。


【本文より】
初めまして。G3sewing(じーさんソーイング)です。
私たちは、84歳の父、80歳の母、50歳の三女でやっている小さなソーイングチームです。主に84歳のじーさんが作っているので、G3(じーさん)sewing(ソーイング=裁縫)と名付けました。三重県四日市市にある平屋の一軒家が作業場です。
お金も希望もなかった。あるのは命と病気だけ。そんな私たちが元気になった物語がみなさんの生きる希望になったら、とてもうれしく思います。

【目次より】
1章 病気でお金がない82歳が生きがいを見つけた
2章 どうする? お金がなくて生きがいが続けられない!?
3章 毎日が楽しい! がま口バッグ作りの舞台裏
4章 生きがいを続けるための、心と体の健康法
5章 80代以上が頑張れる、これからのG3sewing

【書籍概要】
書名:あちこちガタが来てるけど 心は元気! 80代で見つけた 生きる幸せ
著者:G3sewing
定価: 1,540円(本体1,400円+税)
判型:四六判
ページ数:192P
ISBN:978-4-04-605833-1
発売日:2022年8月8日(月)
発行:株式会社KADOKAWA

【KADOKAWAオフィシャルページ 書誌詳細ページ】
https://www.kadokawa.co.jp/product/322203001733/

【著者プロフィール:G3sewing(じーさんソーイング)】
84歳の元電気工事士の父(G3=じーさん)、80歳の母(B3=ばーさん)の幸喜(=後期)高齢者と50歳の娘(=kiki)の3人組のソーイングチーム。G3の年金は月3万円、B3は月4.5万円。娘にミシン修理を頼まれたことをきっかけに、G3は82歳でミシンを始める。病気でほぼ寝たきりだったのに、ミシンによって職人魂がよみがえり、物作りが生きがいになる。材料費を捻出するため、孫のアイデアでTwitterにがま口バッグの写真をアップしたら、思いがけずバズって注文が殺到。体は衰えていくけれど、心が元気になったG3から一言。「今が、人生の中で一番幸せ」。

ホームページ:https://g3sewing.com/
ツイッター:@G3Sewing 
インスタグラム:@g3sewing