トピックス

俳壇・歌壇の最高賞&新人賞 第56回迢空賞・蛇笏賞 第67回角川俳句賞・角川短歌賞贈呈式を開催!

公益財団法人角川文化振興財団(名誉会長・角川歴彦)は、2022年7月5日(火)、埼玉県所沢市の「角川武蔵野ミュージアム」において、「第56回迢空賞」及び「第67回角川俳句賞」の贈呈式を行いました。なお、今年度、第67回角川短歌賞、第56回蛇笏賞は「該当作なし」のため、選考委員による選評のみ行いました。

昨年に続き、贈呈式は今回も、コロナウイルス感染拡大防止に配慮して、参加者をご受賞者と各賞の選考委員、関係者に限定し、出席者12名で執り行いました。


各賞の受賞作は、下記の通りです。

◎第67回角川俳句賞 岡田由季(おかだ ゆき)氏 「優しき腹」(50句)
◎第67回角川短歌賞 該当作なし
◎第56回迢空賞 大下一真(おおした いっしん)氏 歌集 『漆桶(しっつう)』(現代短歌社刊)
◎第56回蛇笏賞 該当作なし

式典では、弊財団の角川歴彦名誉会長が受賞のお二人に贈賞を行いました。
続いて各賞の選評を、角川俳句賞は仁平勝氏、角川短歌賞は松平盟子氏、迢空賞は佐佐木幸綱氏、蛇笏賞は高野ムツオ氏がそれぞれ発表。最後に、ご受賞の岡田由季氏、大下一真氏が受賞の喜びを述べられました。

7月5日の贈呈式の詳細につきましては、近日、角川文化振興財団公式サイトにて動画の公開を予定しておりますので、ぜひご覧ください。 https://www.kadokawa-zaidan.or.jp/






受賞概要
◎第67回角川俳句賞(角川『俳句』2021年11月号にて発表)
岡田由季氏「優しき腹」(50句)
[表彰]賞状・記念品、ならびに副賞30万円
[選考委員]小澤 實・岸本尚毅・仁平 勝・正木ゆう子(敬称略/50音順)

◎第67回角川短歌賞(角川『短歌』2021年11月号にて発表)
該当作なし
[選考委員]坂井修一・俵万智・松平盟子・藪内亮輔(敬称略/50音順)

*「角川俳句賞」「角川短歌賞」とは
1955年に、俳壇・歌壇の新人登竜門として創設。短歌・俳句に志を持つ人々の目標とされ続けている。

◎第56回迢空賞(選考会2022年4月18日開催)
大下一真(おおした いっしん)氏 歌集『漆桶(しっつう)』(現代短歌社刊)
[表彰] 賞状・記念品、ならびに副賞100万円
[選考委員]佐佐木幸綱・高野公彦・永田和宏・馬場あき子(敬称略/50音順)

◎第56回蛇笏賞(選考会2022年4月20日開催)
該当作なし
[選考委員]高野ムツオ・高橋睦郎・中村和弘・正木ゆう子(敬称略/50音順)

*「迢空賞」「蛇笏賞」とは
歌人・釈迢空(折口信夫)、俳人・飯田蛇笏両氏の遺徳を敬慕して1967年に創設。短歌・俳句界に最高の業績を示した歌集・句集に贈られる。