トピックス

AIのすべてがわかるベストセラー最新版『AI白書 2022』発刊、技術から制度政策まで国内外の最新動向を徹底解説!

社会実装が進むAIの現状と展望を幅広い視点で解説! ~人工知能とデジタルツイン、ブロックチェーンが構築する新世界~

株式会社角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区、代表取締役社長:加瀬典子)は、人工知能の最新動向を解説する『AI白書2022』を2022年4月28日(木)に発売します。
本書は、人工知能の技術から制度政策に至るまで、世界の最新動向を紹介する『AI白書』シリーズの最新版です。



■AI白書2022概要
世界的に人工知能の社会実装が進み、国内企業の導入率も4.2%から20.5%に拡大しています。さらにデジタルツイン、ブロックチェーン、ロボティクスなどの新たな技術との組み合わせにより、「メタバース」を始めとするさまざまな形でその活用範囲を広げています。
本書は、基礎的な技術解説や国内外の導入事例、制度や政策面での取り組みに加え、企業経営者の意識調査など幅広い視点でAIを解説します。業務効率化やイノベーションの創出、さらには気候変動、労働人口の減少、インフラの老朽化への取り組みなど、企業がAIを導入していく上で実践的に活用できる内容になっています。

■AIの現状と今後の展望を解説
・企画立案や実装に役立つ、最新技術を組み合わせた市場動向と実例
・企業が知っておくべき国内外の2021年AI戦略事例
・AI導入に不可欠な、各種調査によるさまざまなデータ紹介
・G検定対策にも有用な、AIに関する技術、原則、ガイドラインを解説
・産業別の利用動向や、国内外の制度政策など多面的に解説


■目次
第1章「2022年のAIと課題解決」
AIトピックス/座談会:五十嵐歩美(国立情報学研究所助教)、成田悠輔(イェール大学助教授/株式会社半熟仮想代表)、中島秀之(AI白書編集委員長、札幌市立大学学長)/インタビュー:川人光男(AI白書編集委員、ATR脳情報通信総合研究所所長・ATRフェロー)、三宅陽一郎(AI白書編集委員、立教大学大学院人工知能科学研究科特任教授)

第2章「技術動向」
今利用されているAI技術/ディープラーニング/知的活動を実現する技術(知覚・認識・理解・意図、学習、身体性、認知発達、意識、言語、知識、判断、創作)/自然言語処理/開発基盤/標準化・オープンプラットフォーム・信頼性

第3章「利用動向」
国内・海外における利用動向(製造業、自働車産業、インフラ、農業水産業、健康・医療・介護、防犯・防災、環境・エネルギー、教育、金融業、物流、流通・小売業、行政、エンターテインメント、スポーツ、スマートシティ、その他[自動翻訳、サイバーセキュリティ、スマートライフ、バーチャルキャラクター])/取り組み事例(NVIDIA、ウミトロン、JX通信社、atama plus、メルペイ、ヤマト運輸、さくらインターネット)

第4章「制度政策動向」
AIに関する原則・ガイドライン等/制度改革(国内:モビリティ、データの管理・流通、知的財産)/国内の政策動向(AI戦略2021、基盤省庁・出口省庁の方針と動向、予算の動向など)/海外の政策動向(米国、EU、英国、ドイツ、フランス、中国)

第5章「DX、AI、人材」
DX/人材育成/AIの今後の展望

編集委員による、AI実装における課題、メタバース、DXなどの重要トピックコラム、NEDO「人工知能(AI)技術分野における大局的な研究開発のアクションプラン」



AI白書編集委員会
委員長:中島秀之[札幌市立大学学長]
委員長代理:浅田 稔[大阪国際工科専門職大学副学長、大阪大学特任教授・名誉教授]
委員:岡田陽介[株式会社ABEJA代表取締役CEO兼創業者、一般社団法人日本ディープラーニング協会理事]、川人光男[国際電気通信基礎技術研究所(ATR)脳情報通信総合研究所所長・ATRフェロー、株式会XNef CEO]、松尾 豊[東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター/技術経営戦略学専攻教授]、三宅陽一郎[立教大学大学院人工知能科学研究科特任教授]

AI白書2022
編集:AI白書編集委員会
定価:4,840円(税込)
サイズ:A4判 496ページ
ISBN:978-4-04-911090-6
発行:株式会社角川アスキー総合研究所
発売:株式会社KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/322108000572/


■株式会社角川アスキー総合研究所について
角川アスキー総合研究所は、KADOKAWA グループのメディア総合研究所です。コンテンツ力、メディア力、リサーチ力に関する技術力を活かし、すべてのお客様に貢献すべく、課題となる重要テーマに日々取り組んでいます。

公式サイト:https://www.lab-kadokawa.com/