トピックス

カエルへの愛情あふれる絵本に、入江聖奈選手も大絶賛!! 『6ぴきのカエルとひえひえのよる』2022年1月27日発売!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区富士見、代表取締役社長:夏野剛)は、前作『かえるじゃん』にてデビューした若手絵本作家・つるたあきの最新作『6ぴきのカエルとひえひえのよる』を2022年1月27日(木)に発売します。


本書は、今年最も話題となった新語・流行語を決める「現代用語の基礎知識選 2021ユーキャン新語・流行語大賞」に「カエル愛」でノミネートされた、ボクシング女子で東京五輪フェザー級金メダルの入江聖奈選手(日本体育大学)から早くも大絶賛のコメントをいただいております。
この絵本に登場するのは、うっかり冬眠しわすれてしまった、6ぴきのカエルたち。ユーモラスなタッチでありながら、実在するカエルをモデルにしたリアルなイラストで描かれる本書は、どこかなつかしくもあり、子どもだけでなくカエル好きの大人まで、幅広く愛される一冊です。デビュー作『かえるじゃん』は2020年第11回リブロ絵本大賞入賞。つるたあきの渾身の最新作にぜひご期待ください。


【入江聖奈選手 推薦コメント】

寒くなるころ冬眠をするカエル達にも、
こんな冬があるのかなと読んでいて楽しくなりました!
可愛らしいイラストのカエルに、リアルのカエルが反映されていて
最高でした!


『6ぴきのカエルとひえひえのよる』おはなし内容

「あれ? あれれ? テレビがつかないなぁ。でんわもつながらないし、ラジオもなーんにもきこえない」

6ぴきのカエルたちは大変なことに気づきました!

「ぼくたち とうみん しわすれてる!」


カエルくんたちがふとそとをみると、見たこともない雪景色!

そうです。毎年とうみんをしているカエルくんたちは、冬の季節を知らないのです。もちろん雪も見たことない!
はじめての雪におおはしゃぎの6ぴきですが……!?


はりきって外に飛び出したカエルくんたち。

このあと彼らは「ふゆ」を楽しむことができるのでしょうか???


人気絵本サイト「絵本ナビ」にて“全ページためしよみ”ができます!
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=173019
※1回のみ。 要メンバー登録。 ※スマートフォン・タブレットで利用できます。


著者コメント

私は北海道育ちで、冬は3人姉妹でたくさんの雪遊びをした記憶があります。
絵本の主役であるカエルくんたちは冬は眠っているため、楽しい冬を知りません。
そんな冬の面白さをカエルくんたちにも体験してもらいました。
読んでくださった方には、ぜひお気に入りの1匹を見つけてもらえると嬉しいです。


著者プロフィール

つるた あき
1994年生まれ。北海道おといねっぷ美術工芸高校、北海道教育大学岩見沢校卒業。主にカエルのイラストや物語を制作している。


書誌情報





6ぴきのカエルとひえひえのよる
作 ・つるた あき
発売日:2022年01月27日
定価:1,430円(本体1,300円+税)
対象年齢:3歳~
ページ数:32
ISBN:9784041120477
https://www.kadokawa.co.jp/product/322108000194/