トピックス

美しく鮮烈な写真集『極彩色の京都 四季の名所めぐり』が、超絶美麗と話題!!

絶景の京都のあでやかな写真をTwitterで「うさだだぬき」の名で発表したところ、その鮮烈な美しさが人気となり、フォロワー20万人を超えるほどに。
まとめた写真集『極彩色の京都 四季の名所めぐり』は、発売後わずか1週間で重版決定! “新しい京都”の写真集として今話題だ。





「うさだだぬき」こと稲田大樹は、京都在住の注目の若手写真家。

京都の有名無名問わず、四季折々の京都のあちこちを探索して、こんなにも美しい京都があったのか、と地元京都の魅力をあらためて開眼したという。写真集には、タイトルのとおり、みごとな極彩色に彩られた93点を収録。

桜の春、青もみじの夏、紅葉の秋や白い雪に覆われた冬など京都の四季の絶景の名所を、京友禅の雅な色彩を彷彿とさせるような作品となって並ぶ。

美しい写真集というだけではなく、撮影場所を明記しているので、本書を片手に京都の絶景をめぐることもできる。A5サイズで、ガイドブックとしてもほどよくコンパクトなのも魅力のひとつ。自分への贈り物としても、大切な人への贈り物にも。ページをめくるごとに心癒される一冊。











収録
春:21作品
夏:30作品
秋:24作品
冬:18作品



[表: https://prtimes.jp/data/corp/7006/table/9561_1_311d5f7f06068726421c00b517c934ba.jpg ]



【著者プロフィール】稲田大樹(いなだ・だいき)
京都在住の写真家。宇治市出身。30歳。大阪の広告系のスタジオに勤務する傍ら、週末を使って京都府内全域の四季を撮影。