トピックス

元外交官婦人の教える、マナー教室では学べない「ふるまい」217項目掲載。『あなたがもっと素敵に輝く また会いたくなる人のマナー』発売!!

2021年10月4日(月)発売

株式会社KADOKAWA(代表取締役社長:夏野剛、本社:東京都千代田区、以下KADOKAWA)は、2021年10月4日(月)に『あなたがもっと素敵に輝く また会いたくなる人のマナー』を発売いたします。

「なぜかまた会いたくなる、たまらなく魅力的な人」になれるマナーの本。



お金を出しても買えない教養はなによりの憧れであり、自分を内面から輝かせる強い味方になります。
相手も自分も気持ちよく過ごせる、形式だけではない本来の「マナー」について、元外交官夫人が経験と知識をわかりやすく提案します。
具体的なテーマが200以上も豊富に掲載されており、楽しく何度も読めて実用的な1冊です。






読み終わったあとは、日本のみならず海外でも通用する温かいマナーを心から理解できるようになります。
そしてあなたの内面はより磨かれて、今よりもっと自信を持つことができ、美しく素敵な日々が過ごせるようになるはずです。

【序章 マナーはだれのためのもの?】
……
マナーは思いやりを伝える手段ですが、他人のためだけに身につけるものではありません。
では、だれのため? といえば、自分自身のためでもあります。
他人を尊重することができる人は、自然に自分も尊重されるようになります。
そして周りからきちんと扱われることは、自信につながっていくと思うのです。

私にとって、マナーは「自信のスイッチ」です。場にふさわしいふるまいをすることで、
相手への敬意を伝える。その敬意が自分に返ってくることで、自分を認め、好きになることができる……。
マナーを身につけることで、そんなよい循環が生まれるような気がします。
<本文・序章より>

【目次より】
序章  マナーはだれのためのもの?
第1章 「また会いたい」と思わえる女性の素敵なふるまい
 ・コラム 鏡の前で、口角を上げる。笑顔で一日を始めてみましょう
第2章 食事の時間をゆったり楽しむための テーブルマナー
 ・コラム 山盛りのごちそうを残してはだめ? 必死で食べたアラブの国々の思い出
第3章 TPOに合わせて自分らしい装いを。ファッションのマナー
 ・コラム 袴のようなパンタロンで料亭に上がった二十歳の私
第4章 人間関係のベースは思いやり。身近な方とのお付き合い
 ・コラム クスッ、という笑いが温かい関係づくりのきっかけに
第5章 冠婚葬祭やパーティで。特別な場のマナー
 ・コラム 「特別な場」にはお国柄が表れます。
第6章 構えなくても大丈夫! 自分らしいおもてなしを
 ・コラム 「おもてなし」は気張らず、普通に、気軽に

【書籍概要】
『あなたがもっと素敵に輝く また会いたくなる人のマナー』
著者:二階堂多香子
発行:株式会社KADOKAWA
定価:1,540円(本体1,400円+税)
発売日:2021年10月4日
判型:四六判
総ページ数:208p
ISBN: 978-4-04-897116-4
KADOKAWAオフィシャルサイト 書誌詳細ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/322106000602/

【著者プロフィール】
二階堂多香子(にかいどうたかこ)
料理研究家。Takako’s Kitchen主宰。聖心女子大学卒業。
日本料理を市川峻子氏に師事、茶道を塩月弥栄子氏の教室で学ぶ。
外務省勤務の夫の赴任に伴い、オーストラリア、ブルガリア、イラン、ニューヨーク、クウェート、スイスでの海外生活は19年に及ぶ。
人種、文化などの背景がさまざまに違う人たちと豊かで友好的なコミュニケーションを取るためのおもてなしが評判を呼ぶ。