トピックス

「自己肯定感」の言葉の生みの親・汐見稔幸先生、推薦!赤ちゃんから読める『どこどこかわいい』発売

読み聞かせるだけで自己肯定感がぐんぐん育つ!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、絵本『どこどこかわいい』を2020年8月11日(月)に発売しました。



内閣府の「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」によると、日本の子どもたちは諸外国に比べて「自己肯定感」が低く、「私は、自分自身に満足している」という問いに対し肯定と答えた割合は、平成25年から平成30年にかけての調査でさらに減っています。
このような現状から、親御さんをはじめ“子どもには自己肯定感を持って欲しい”という想いは高まっているのではないでしょうか。
本書は、赤ちゃんから自然と自己肯定感を高めるメソッドが盛り込まれている絵本です。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=vnOSvTvXJfw ]


「どこどこ かわいい?」

「どこどこ じょうず?」

単純でここちよい繰り返しのリズム。
「○○ちゃん かわいいね、じょうずだね」と、ぜひお子さんの名前に置き換えながら読んでみてください。自然とポジティブなコミュニケーションが生まれ、自己肯定感がはぐくまれます。







優しくあたたかみのある動物たちは、海の砂を用いて描かれており、砂の粒子の凹凸が、独特のタッチを生み出しています。
読み聞かせしながら、動物たちと一緒に、みんなのかわいいところやじょうずなところも、たくさん見つけてください。


「自己肯定感」の言葉の生みの親・汐見稔幸先生、推薦!

「かわいい!」ってこういうことだったのかという、気づきの贈り物
読む人はだれしもが、自分のかわいさに気づかされる不思議な本
――東京大学名誉教授/日本保育学会会長/全国保育士養成協議会会長 汐見稔幸


よろこびの声、続々!

「○○ちゃんのおててもかわいいね、たっちじょうずだね」と子どもの名前を入れて読んでいます――1歳10ヶ月女の子のママ

「あんよかわいいね~」と足をゆらゆら揺らしてあげながら読むと、大喜び! うちのこかわいい~!笑――2歳女の子のママ

最後のページにキュン! 泣いたっていい、かわいいじゃないと心に余裕がもてました――10ヶ月女の子のママ

ひよこさんがお気に入りなのか、ページをめくるたび「ここにいたよ!」と嬉しそうに教えてくれます――3歳男の子のママ


●人気絵本サイト「絵本ナビ」にて“全ページためしよみ”ができます!※1回のみ。 要メンバー登録。
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=149625

8月19日(水)~25日(火)にて、ジェイアール名古屋タカシマヤ9階特設会場で開催される、たなかしん画業20周年記念展で『どこどこかわいい』の原画も展示予定です!


著者プロフィール

たなかしん
1979年大阪生まれ。画家、絵本作家。
海の砂を用いた独特の画法で描く。
2005年、台湾にて初の絵本作品を出版。その他の作品に、『ガマ王子VSザリガニ魔人「Paco~パコと魔法の絵本~」より』『うたえなくなったとりと うたをたべたねこ』(以上求龍堂)『クーク―グーグー』(あかね書房)『ねむねむごろん』(KADOKAWA)などがある。
2020年、『一富士茄子牛焦げルギー』(BL出版)にて第53回日本児童文学者協会新人賞受賞。



書誌情報





どこどこかわいい
作・絵 たなかしん
発売日:2020年8月11日
定価: 本体1,000円+税
主な対象年齢:0歳~
ISBN:9784041098608
https://www.kadokawa.co.jp/product/322005000345/



関連書籍





「第12回MOE絵本屋さん大賞2019」パパママ賞第3位
『ねむねむごろん』
作・絵 たなかしん
発売日:2019年4月18日
定価:本体1,000円+税
主な対象年齢:0歳~
ISBN:9784041078846
https://www.kadokawa.co.jp/product/321810000499/