トピックス

電撃G'sマガジンが贈る“癒し”をテーマにした新プロジェクト『しょにおや! ~いっしょにおやすみプロジェクト~』がスタート!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松原眞樹)は、電撃G'sマガジン(毎月30日発売)による新プロジェクト『しょにおや! ~いっしょにおやすみプロジェクト~』が誌面展開をスタートしたことをお知らせいたします。

9月26日発売の電撃G'sマガジン11月号にて、プロジェクトの概要やキャラクター詳細、公式Twitterの開設などを発表いたしました。






『しょにおや! ~いっしょにおやすみプロジェクト~』イントロダクション

とある場所にあるといわれる妖精の国「ユメユメ王国」。
そこでは妖精さんたちが、
人間の幸せから生まれる“ユメスター”を活動源に、
寝たり遊んだり平和に暮らしていました。

しかし現代社会のストレスによって、ユメスターは日に日に減少。
このままいくと妖精さんたちは、働かなくてはいけなくなってしまいます……!

その窮地を脱するため、
妖精さんたちはついに立ち上がるのでした!!


『しょにおや! ~いっしょにおやすみプロジェクト~』プロジェクト概要

電撃G'sマガジンがお届けするNEWプロジェクト『しょにおや! ~いっしょにおやすみプロジェクト~』は、ストレス社会に疲れきったあなたに贈る心安らぐゆるーい読者参加型企画。

舞台となるのは、現代日本にあるどこかの街。がんばらなくちゃいけないことは山ほどあるのに、褒められたり癒されたりすることがなく、人々は笑顔を失い疲弊していました。そこへ現れたのは妖精・ネム。彼は人間の幸せから生まれる“ユメスター”を増やすため、1人の少女・甘恵に協力を仰ぐことに……!

そんな2人と誌面やSNSでコミュニケーションをとりながら、物語を楽しんだり、時に癒しについて真面目に考えたりしていくプロジェクトになります。あなたもお休みする活動“しょにおや”始めてみませんか?


キャラクター紹介




▲羽澄甘恵(はずみ あまえ) ※キャラクター右
「甘恵が、もう嫌だって言うくらい癒してあげちゃいますからっ」

あなたが暮らすマンションの隣の部屋に住む、ごくごく普通の女子高生。
穏やかで優しく真面目だが、まわりが見えず失敗してしまうことも。
恋に恋している一面もあり、雑誌の内容を真に受け大胆になることもあるが、
途中で自分の行動に気づきすぐ顔を赤くして照れてしまう。

DATA
○年齢:17歳
○誕生日:4月8日
○血液型:A型
○身長:158cm
○趣味・特技:家事全般
○好きなもの:お団子、お菓子作り
○苦手なもの:高いところ
○部活:吹奏楽部(フルート)
○委員会:放送委員

▲ネム ※キャラクター左
「ユメユメ王国のためにユメスターを……ふぁぁ~とりあえず寝るネム」

ユメユメ王国から来た派遣員・ネム。
普通の人間には見えない存在だが、ごくまれに姿が見える人間がいる。
マイペースで、すぐに寝ようとするめんどくさがり屋。
ユメスターを集めるため、甘恵といっしょに癒す人を探している。
年に一度くらいは本気を出すらしい(本人談)。

DATA
○年齢:不明
○誕生日:不明
○血液型:不明
○身長:みかん5個分
○趣味・特技:寝ること
○好きなもの:寝ること○苦手なもの:ストレス、パワハラ上司

■コーナー投稿募集中!
『しょにおや!』は読者参加型企画。5つのコーナー投稿を募集しています。投稿フォームからどしどしお寄せください。投稿採用者には『しょにおや!』特製“おやすみ缶バッジ”をプレゼント!(※デザインは仮のものです)


1.甘恵ちゃんのここが知りたい!
甘恵ちゃんのパーソナルなこと、どんどん質問してみてね。

2.甘恵とネムのお悩み相談室
あなたが心に抱える悩みを甘恵とネムが解決してくれるかも!?

3.ユメスターアップ大作戦!
眠る前するといいことや、安眠できるアイデアをネムに教えて!

4.僕の私のストレス吐き出し隊
あなたの抱えるストレス&その解消法を大募集! みんなで共有しよう。

5.自由メッセージ&イラスト投稿(協力企業も募集中!)『しょにおや!』への応援のお便りやファンアートはこちらから。

【投稿フォーム】https://kdq.jp/shonioya201911


■公式Twitter開設!
さらに、『しょにおや!』公式Twitterも始動! フォロー&リツイートキャンペーンも開催予定で、参加者には抽選で『しょにおや!』オリジナルAmazonギフトカードを50名様にプレゼント。ぜひ奮ってご参加ください。

【公式Twitter】@shonioya_staff

■スタッフ



企画:電撃G'sマガジン編集部/小竹義彦
イラスト:みすみ シナリオ:4Dメガネ
【権利表記】(C)いっしょにおやすみプロジェクト