トピックス

《第26回電撃大賞 応募総数速報》小説・イラスト・コミックの3部門で、応募総数5,182作品

 株式会社KADOKAWAが、次代を創造するエンターテイナーの発掘・育成を目的に主催しております「電撃大賞」は、4月10日に第26回の応募締め切りを迎え、電撃小説大賞(小説部門)、電撃イラスト大賞(イラスト部門)、電撃コミック大賞(コミック部門)の3部門で、応募総数5,182作品となりました。



 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹、以下KADOKAWA)が、次代を創造するエンターテイナーの発掘・育成を目的に主催しております「電撃大賞」は、4月10日に第26回の応募締め切りを迎え、今回も多数の作品をお寄せいただきました。このたび、第26回の応募総数の集計結果がまとまりましたので、お知らせします。
 今回の第26回電撃大賞全体の応募総数は、小説・イラスト・コミックの3部門合計で5,182作品となりました。

「第26回電撃大賞」応募総数 5,182作品
【電撃小説大賞】 4,607作品(長編:3,400作品/短編:1,207作品)
【電撃イラスト大賞】  406作品
【電撃コミック大賞】  169作品

 
 電撃大賞では、電撃小説大賞(小説部門)、電撃イラスト大賞(イラスト部門)、電撃コミック大賞(コミック部門)の3部門において、ジャンルを問わず作品を募集しています。特に電撃小説大賞は、小説新人賞としては国内最大級の応募数を誇っています。

 応募作品は現在選考中で、電撃小説大賞・電撃イラスト大賞・電撃コミック大賞の1次選考通過作品は7月10日以降に電撃大賞公式サイトおよび電撃の各誌にて発表します。その後、2次~4次選考(電撃イラスト大賞・電撃コミック大賞は~3次選考)、最終選考を経て、受賞作品を決定します。受賞作品の発表は、10月に「電撃文庫MAGAZINE」誌上と電撃のコミック各誌および電撃大賞公式サイトにて行う予定です。なお、電撃小説大賞・電撃イラスト大賞・電撃コミック大賞の1次選考以上の通過者には、編集部より選評をお送りします。
 KADOKAWAでは、電撃小説大賞において入賞した作品はもちろん、惜しくも選に漏れた作品の中からも、電撃文庫、メディアワークス文庫などで書籍化しており、これまで数多くの人気作品を刊行、人気作家を育んできました。電撃イラスト大賞受賞者からも人気イラストレーターを多数輩出し、カバーイラストなどで活躍、電撃コミック大賞も受賞者から多くのコミック作家が誕生しており、電撃のコミック媒体などで力を発揮しています。
 今後も、本大賞は新しい時代のエンターテイナーの登竜門として、さらに幅広い才能の発掘を目指し努力していきます。

 なお、5月10日より、第27回電撃大賞の作品応募の受付を開始しました。締め切りは2020年4月10日を予定しています。
※応募についての詳細は、電撃大賞公式サイト(http://dengekitaisho.jp/)の各部門の応募要項をご確認ください。



[表: https://prtimes.jp/data/corp/7006/table/5923_1.jpg ]



■関連サイトURL・Twitterアカウント
・電撃文庫公式サイト: https://dengekibunko.jp/
・電撃文庫公式Twitter: https://twitter.com/bunko_dengeki/
・「電撃文庫MAGAZINE」公式サイト: https://dengekibunko.jp/magazine/
・メディアワークス文庫公式サイト: https://mwbunko.com/
・メディアワークス文庫公式Twitter: https://twitter.com/mwbunko/
・「月刊コミック電撃大王」公式サイト: http://daioh.dengeki.com/
・「コミック電撃だいおうじ」公式サイト: http://daiohg.dengeki.com/
・「電撃マオウ」公式サイト: http://maoh.dengeki.com/
・「シルフ」公式サイト: http://sylph.dengeki.com/
・「電撃ツイッターマガジン」公式Twitter: https://twitter.com/dentsuma