トピックス

ライブ・エデュテインメント「楽演祭(ガクエンサイ)」Vol.2が決定! 第二回目はトータス松本と藤巻亮太(レミオロメン)が登場!

別冊カドカワ(KADOKAWA)×昭和音楽大学×ACPC(コンサートプロモーターズ協会)が手を組み立ち上げた“エデュテインメント(エンタテインメント+エデュケーション<教育> )”を通じて“音楽の楽しさ”を体感できるライブ・イベント「楽演祭」Vol.2が、2018年11月8日(木)に昭和音楽大学内の劇場「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」で開催されます。









●2018.11.8 THU 昭和音楽大学 テアトロ・ジーリオ・ショウワ
エデュテインメント「楽演祭(ガクエンサイ)」Vol.2が決定!
第二回目はトータス松本と 藤巻亮太(レミオロメン)が登場!

別冊カドカワ(KADOKAWA)×昭和音楽大学×ACPC(コンサートプロモーターズ協会)が手を組み立ち上げた“エデュテインメント(エンタテインメント+エデュケーション<教育> )”を通じて“音楽の楽しさ”を体感できるライブ・イベント「楽演祭」。
2018年1月11日、斉藤和義・山内総一郎(フジファブリック)の2アーティストを招いてのVol.1のステージでスタートした本イベントのVol.2が早くも2018年11月8日(木)に開催される。
このイベントは、毎回、2アーティストを迎え、昭和音楽大学・短大各在学生への「音楽をテーマにした対談講義」を実施(講義は昭和音楽大学・短大 各在学生のみ受講可。一般販売はございません)。
その後、一般公開で、両アーティストによるアコースティック・ライブを学内の劇場「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」(約1300人収容)で開催する。
ここ数年活況なフェス形式とは違う、アーティストによる大学・短大各在学生向けの授業とライブを組み合わせ、『音楽で伝えるメッセージ』『ものづくりにおける自分の生き方』『音楽がもつ影響力』などのテーマにした 「エンタテインメントを通じた学び」を通じ、より幅広い層に多面的に“音楽の中に息づくストーリー”“音楽の楽しさ”を伝えることができるライブ・イベント。Vol.2もご期待ください!

●楽演祭 特設サイト:https://gakuensai-betsukado.com

【イベント概要】
■日時:2018年11月8日(木曜)
LIVE:18:30開場 19:00開演
※一般発売 
会場:テアトロ・ジーリオ・ショウワ(約1300人収容)
チケット料金:5,400円(税別)
一般発売:2018年9月30日(日)
■出演アーティスト  トータス松本×藤巻亮太(レミオロメン)
※当日午後、トータス松本さん、藤巻亮太さん(レミオロメン)を迎え、昭和音楽大学・短大在学生対象の「ライブビジネスと社会」で、「音楽をテーマにした対談講義」を実施(講義は昭和音楽大学・短大 各在学生のみ受講可。一般販売はございません)。

主催:株式会社KADOKAWA/昭和音楽大学/一般社団法人コンサートプロモーターズ協会   
協力:(株)ディスクガレージ 
制作:NowAndZen

【出演者】



トータス松本
ウルフルズのボーカルとして、1992年シングル「やぶれかぶれ」でデビュー。
3年後「ガッツだぜ!!」でブレイクし、その後のアルバム「バンザイ」はミリオンヒットとなり、紅白歌合戦出場。2001年に「明日があるさ」で 二度目の紅白歌合戦出場を果たす。2003年、初のソロカヴァーアルバム「TRAVELLER」を発表し、自身のルーツであるサム・クック、マーヴィン・ゲイなどソウル、R&Bの名曲をカヴァー。2009年8月30日をもって、ウルフルズは無期限活動休止となる。ウルフルズ活動休止後は、ソロ・アーティストとして3枚のオリジナルアルバム『FIRST』、『マイウェイ ハイウェイ』、『NEW FACE』、2枚目となるカバーアルバム『TWISTIN' THE NIGHT AWAY』を発表。アルバムリリースツアーをはじめ、全編「声」だけで歌を届けるアカペラツアーや、自身初となる弾き語りツアーなど、勢力的にライブ活動を行う。2014年2月、4年半の活動休止を経て、ウルフルズ活動再開を発表。以降もライブを中心にソロ活動も継続。2016年10月には初の劇中音楽を手がけた映画「アニバーサリー」が公開。2017年「椎名林檎とトータス松本」名義で「目抜き通り」を発表、第68回NHK紅白歌合戦にソロとして初出場。2018年4月よりFM COCOLOにて新番組「Got You OSAKA」のDJを担当。音楽活動と並行し、CM、ドラマ、映画、執筆活動等、多方面でも活躍している。 9月29日(土)には大阪・万博記念公園にて通算16本目となる「クリアアサヒ Presents OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ2018 ガッチューOSAKA!」を開催。
●オフィシャルHP https://www.tortoisematsumoto.com/



藤巻亮太(レミオロメン)
1980年生まれ。山梨県笛吹市出身。2000年12月、同級生3人でレミオロメンを結成。2003年にメジャーデビューし、「3月9日」「粉雪」など数々のヒット曲を世に送り出す。2012年2月、レミオロメンの活動休止を発表、ソロ活動を開始する。同年、初のソロシングル「光をあつめて」、1stソロアルバム「オオカミ青年」を発表。音楽以外にも活動の場を広げ、2016年には初の写真集「Sightlines」を発売し、写真展を開催した。以降も精力的にソロ活動を展開し、2016年、2ndアルバム「日日是好日」をリリース。2017年には3rdアルバム「北極星」を発表し、アルバムツアーの模様を収録したLIVE DVD「藤巻亮太 Polestar Tour 2017 Final at Tokyo」を、2018年4月25日にリリースした。2018年10月7日、自身が主催する初の野外音楽フェス「Mt.FUJIMAKI」を、山中湖交流プラザきららにて開催予定。
●公式Twitter @Ryota_Fujimaki
●オフィシャルHP http://www.fujimakiryota.com/

【主催者からのメッセージ】
別冊カドカワ(KADOKAWA)●『別冊カドカワ』は、毎号アーティストのロング・インタビューを基軸としながら、小説家・漫画家・ミュージシャンらさまざま分野の“表現者”とのコラボレーション企画を盛り込み、“特集アーティストを中心としたサロン”的アプローチを特色としたムックです。今回、この大学構内という“サロンとしての学び舎”で学生さんをはじめ、このイベント『楽演祭』に参加していただく皆様に、少しでも「音楽の楽しさ」を体感していただける場所になればと思っております。
昭和音楽大学●アートマネジメントや舞台スタッフコース、ジャズ・ポピュラー音楽コースなどを有し、コンサートのプロデュースやステージ制作をカリキュラムに取り入れた授業展開によって、音楽業界に多くの卒業生を輩出してきた本学は、大学所在の新百合ヶ丘エリアを音楽文化の拠点と位置づけ、この「授業とライブを有機的に組み合わせた音楽文化発信の複合企画」を開催する運びとなりました。ポピュラー音楽分野で活躍しておられるトップ・プロミュージシャンの貴重な講義とライブ・イベントは、真の“エデュテインメント”(教育と娯楽分野の融合)実践の絶好のチャンスとして、今回も大いに期待しております。
ACPC(一般社団法人コンサートプロモーターズ協会)●ライブ産業に関する公益事業を実施し、ライブ市場および文化の発展に寄与することを目的としています。昭和音楽大学をはじめ様々な教育機関でライブ・ビジネスに関する寄附講座を開講、若い世代へ向けた啓発活動も継続してきました。このイベント『楽演祭』は、本協会が2011年より寄附講座を行っている昭和音楽大学を舞台に、 『別冊カドカワ』が担う「音楽文化普及」の使命と、「より多くの方々にライブを楽しんでいただける環境作り」という本会の目的を、発展的に実践する新たな取り組みになればと考えております。

【アクセス】
テアトロ・ジーリオ・ショウワ(昭和音楽大学 南校舎内)
〒215-8558 神奈川県川崎市麻生区上麻生1-11-1
公式HP:http://www.tosei-showa-music.ac.jp/
交通:小田急線 新百合ヶ丘駅 南口より徒歩4分



●楽演祭 特設サイト:https://gakuensai-betsukado.com