トピックス

声優・楠木ともりさん出演のスペシャルMV公開中!第30回電撃小説大賞《大賞》受賞作『魔女に首輪は付けられない』が2024年2月9日(金)発売

応募総数4467作品の頂点の王道のファンタジーアクション!



株式会社KADOKAWA(東京都千代田区富士見)より、『魔女に首輪は付けられない』(著者:夢見夕利 / イラスト:緜)が2024年2月9日(金)に刊行されました。









第30回電撃小説大賞にて応募総数4,467作品の中から大賞に選出された本作は、魔術が大衆化した世界で魔女たちに翻弄されながら事件を解決していく王道のファンタジーアクションです。選考委員から高く評価されたストーリー展開やキャラクターの魅力にご注目ください。



スペシャルMV(声・楠木ともり)公開中!





[動画: https://www.youtube.com/watch?v=FhnLbX3PD4Q ]





推薦コメントも続々到着!







[表1: https://prtimes.jp/data/corp/7006/table/14149_1_1732c27b98ae02dd70f30b880cff4977.jpg ]





[表2: https://prtimes.jp/data/corp/7006/table/14149_2_c62a9a6bea25fe0b9e3f7dc36260c718.jpg ]





作品紹介





【あらすじ】

貴族階級が独占していた魔術が大衆化するとともに、犯罪率が急増。対策として皇国には魔術犯罪捜査局が設立された。捜査官であるローグは上司ヴェラドンナの策略により〈第六分署〉へと転属。そこは、かつて皇国に災いをもたらした魔女と共に魔術事件を捜査する曰くつきの部署だった。

厄災をもたらすまでの力を有するが故に囚われ、〈首輪〉によって魔力を制限された魔女たち。だが、〈人形鬼〉ミゼリアをはじめ、魔女たちはお構いなしにローグを振り回し――!?

「ローグ君、一言でいいんだ。私に命令してくれよ。その男に魔術をかけろって。一言でいいんだよ。そいつの精神は崩壊するけど事件は解決するよ!」

魅力的な相棒(魔女)に翻弄されるファンタジーアクション!



【登場人物&本書のイラストページを一部ご紹介!】







【ローグ・マカベスタ】(左)

ラス・リステ皇国・魔術犯罪捜査局所属、一般捜査官。犯罪者を素手でぶちのめし返り血を浴びるため<血塗れのローグ>と呼ばれている。



【<人形鬼>ミゼリア】(右)

貴族評議会が認定した十三番目の運命の魔女。精神干渉系魔術を得意としており、人間を『人形』に変えてしまう。

























【書誌情報】

『魔女に首輪は付けられない』

著者:夢見夕利

イラスト:緜

定価:748円(本体680円+税)

発売日:2024年2月9日

判型:文庫判

ページ数:312

ISBN:9784049155259

レーベル:電撃文庫



特設サイト:https://dengekibunko.jp/special/majyokubi/



第30回電撃小説大賞「もうひとつの」《大賞》受賞作は2024年2月24日(土)発売





物語は、三度、進化する。選考委員騒然の最大の問題作!

『竜胆の乙女 わたしの中で永久に光る』(著者:fudaraku / イラスト:はむメロン)





【あらすじ】

明治も終わりの頃である。病死した父が商っていた家業を継ぐため、東京から金沢にやってきた十七歳の菖子。どうやら父は「竜胆」という名の下で、夜の訪れと共にやってくる「おかととき」という怪異をもてなしていたようだ。

かくして二代目竜胆を襲名した菖子は、初めての宴の夜を迎える。おかとときを悦ばせるために行われる悪夢のような「遊び」の数々。何故、父はこのような商売を始めたのだろう? 怖いけど目を逸らせない魅惑的な地獄遊戯と、驚くべき物語の真実――。

「驚愕の一行」を経て、光り輝く異形の物語。



【書誌情報】

『竜胆の乙女 わたしの中で永久に光る』

著者:fudaraku

イラスト:はむメロン

定価:748円(本体680円+税)

発売日:2024年2月24日

判型:文庫判

ページ数:288

ISBN:9784049155228

レーベル:メディアワークス文庫



特設サイト:https://mwbunko.com/special/rindou/