トピックス

「若者の読者離れ」って本当? TikTokで人気爆発の短編小説集『最後は会ってさよならをしよう』直近3カ月で約2万部の大重版!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長 CEO:夏野剛、以下KADOKAWA)は、『最後は会ってさよならをしよう』(著者:神田澪)の販売好調を受けて、2023年10月からの3カ月で17,500部の重版(8~12刷)を決定いたしました。







140字の無限の世界。何度も読み返したくなるスーパーショート小説集

2021年1月に刊行した本書は、発売から8カ月で7刷を達成した人気短編小説集。掲載作品『別れ代行サービス』は、2021年3月にドラマ化(読売テレビ)もされた話題作です。

2023年10月からTikTokで再度注目を集め、およそ隔週ごとに重版するほどの反響を獲得。この1月には12刷も決まりました。

主な購入層は10代~20代前半の女性ですが、40代後半50代後半の年齢層の購入も目立って多く、親世代が子どもの代わりに買っていることがうかがえます。



本書は、X(旧Twitter)の当時の仕様において、投稿文字数上限が140字であったことから、140字ぴったりで起承転結を綴った「超短編小説」をまとめたオムニバス小説集。恋愛・友情・家族などさまざまなテーマの物語を集めており、TikTokでは「泣ける」「心がえぐられる」とのコメントが若い世代から多数寄せられています。

























◆書誌情報

『最後は会ってさよならをしよう』

著者:神田 澪

発売日:2021年1月21日

定価:1,430円(本体1,300円+税)

判型:四六判

ページ数 : 240ページ

発行:株式会社KADOKAWA

ISBN:978-4-04-604954-4



KADOKAWAオフィシャル 書誌詳細ページ

https://www.kadokawa.co.jp/product/322006000359/



Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/4046049545/