トピックス

俳句といえば季語、季語といえばこの1冊! 『新版 角川季寄せ』発売中!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長 CEO:夏野剛)は、2024年1月24日『新版 角川季寄せ』を発売しました。



俳句への注目が高まる今、俳句を始めたい時、「季語」を知るにはどの本がよい? 迷った時にはこれ1冊で大丈夫。愛され続けて30年以上、定評ある角川の『季寄せ』、10年振りの改訂です。



ベテランの俳句愛好者はもちろんのこと、ミニ百科事典として、二十四節気や、季節を表す豊かな表現、四季折々の行事や生活習慣を簡単に知ることもでき、俳句に馴染みのない人にも便利な1冊です。









《本書の特色と構成》

2022年刊『新版 角川俳句大歳時記』に基づき季語約1万9400語を収録。(見出し約5440語、傍題約1万3960語)



必要と思われる季語のみを解説。近世から現代までの秀句・佳作から新たに例句を精選。



手軽な文庫サイズ。



春・夏・秋・冬・新年の順に季語を配列。



季語は時候・天文・地理・生活・行事・動物・植物の7つに分類。



すべての季語は歴史的仮名遣いのルビつき。



関連する季語への参照も充実。



現代仮名遣いによる五十音順総索引付き。









《書籍概要》

新版 角川季寄せ

編:角川書店

発売日:2024年1月24日

定価:2,640円(本体2,400円+税)

単行本/A6判変形・並製/792頁

ISBN:9784044007867

発行元:株式会社KADOKAWA