トピックス

人気ボカロP・煮ル果実、小説家デビュー。1400万再生楽曲「紗痲」含めた3曲から、新たな物語を紡ぎ出す――

小説短編集『ポム・プリゾニエール』2024年1月22日(月)発売決定

株式会社KADOKAWA(取締役 代表執行役社長 CEO:夏野剛、本社:東京都千代田区、以下KADOKAWA)は、2024年1月22日(月)に、SNS総フォロワー数50万人超のボカロP・煮ル果実の初著書『ポム・プリゾニエール』を発行いたします。



物語性で人をひきつけ、考察コメントが絶えない人気曲「トラフィック・ジャム」「紗痲」「ナイトルール」の3曲を、自ら再解釈し小説を執筆。
異色のボカロP・煮ル果実の世界観に迷い込める短編集です。

【あらすじ】
「トラフィック・ジャム」
(楽曲:https://youtu.be/oUevY6uH4Qg?si=muFiRBUDkuTZbVPT
社会の歯車として味気ない生活を送っていた男の世界は、自身が起こした交通事故を境に一変する。襲ってくる人々の目に浮かんでいたのは、黄色と黒の警告色であった。

「紗痲」
(楽曲:https://youtu.be/tQWMArNo9F0?si=ej2NfbndIWezjEav
女子刑務所に収容された少女は、同室の蛇女の課す試練を乗り越え、仲間として迎え入れられる。ある出来事を機に確かな主従の関係を結んだ二人は、ひとつの計画を企てる。

「ナイトルール」
(楽曲:https://youtu.be/MLE6Fvg7ci0?si=5NnXh_UpdOr2-H-V
18時から24時迄を繰り返す世界に閉じ込められた男は、彷徨い歩いた末に、一人の少女に出会う。彼女とならこの夜を生き抜ける、初めてそう感じた矢先、彼女は夜に取り込まれる。

【煮ル果実コメント】
人生初めての本を出します。
自身の楽曲の世界観、想いやテーマをもとに生み出した、全く新しい物語達を詰め込みました。
故に誰でも新鮮な気分で読めるストーリーになっていますが、同時にこれまでの楽曲やMVのキャラクターを知っている方々も、間違いなく楽しめる内容になっています。
是非とも御賞味下さい。

【出版社からのコメント】
「生きていて良かった」
煮ル果実さんの小説を初めて読んだ時、率直にこう感じました。
流麗で詩的な文体と、社会に向けるシニカルな視線。それでも溢れ出る、人生への肯定感。
加えて、物語の展開が本当に面白く、本書が果たして初著書なのか、実はもう小説家なのではないかとずっと疑っていました。
それくらい豊かな文才で、音楽で表した激情を小説にも載せられる、稀有な存在です。
煮ル果実さんの記念すべきデビュー作、心してご覧下さい。

【特典】
Amazon購入特典:「紗痲 Another Story(PDF データ配信)」
書籍に掲載されている「紗痲」の本編と合わせて楽しめる番外編。
※2024年2月29日(木)23:59までに予約・購入した方が対象。
※本特典は、商品出荷時にAmazonから届くURLよりDLいただけます。
※特典のダウンロード期限は2024年5月29日(水)23:59となります。
Amazon購入ページ:https://amzn.asia/d/2t0IsIW


【PV】
煮ル果実YouTubeチャンネルにて、本書のPVを公開中です。
https://youtu.be/6QTc91DSERc?si=IYp993m0KOA-y27N

【書籍概要】
書名:ポム・プリゾニエール
著者:煮ル果実
定価:1,650円(本体1,500円+税)
判型:四六判
ページ数:304ページ
ISBN:978-4-04-897609-1
発売日:2024年1月22日(月)
発行:株式会社KADOKAWA

KADOKAWAオフィシャル書誌詳細ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/322303001679/

【著者プロフィール】


煮ル果実(にるかじつ)
作詞・作曲・編曲家。主にVOCALOID楽曲のコンポーザーとして活動。
ロックミュージックをベースに多種多様なジャンルを縦横無尽に行き来し、謎が散りばめられた中毒性が高い映像との相乗効果で、独特な世界観の作品を手掛ける。
ずっと真夜中でいいのに。ナナヲアカリ、Sou、Ado等のメジャーアーティストにも精力的に編曲参加・楽曲提供を行っている。
本書が初著著。

公式サイト:https://nilfruits.com/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCkltfvjVoojq0BGRt4pmlig
X(旧Twitter):https://x.com/vinegar_vinegar?s=20