トピックス

hide with Spread BeaverのAnniversary Photobookが12/13(水)発売!本日書影&全容公開、計10万字超ロングインタビューや貴重な蔵出しカットも

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長 CEO:夏野剛、以下 KADOKAWA)は、2023年12月13日(水)に「hide 30th solo debut & hide with Spread Beaver appear!!Anniversary Photobook」(3,800円+税)を刊行する。





日本のロック史上に伝説を打ち立てたバンド・X JAPANのギタリストとして、そしてソロアーティストとして日本の音楽シーンに多大なる影響を与え続けるhide(ヒデ)。2023年はhideソロデビュー30周年、永眠から25年にあたる。昨年全国で公開され大きな反響を呼んだ映画『TELL ME ~hideと見た景色~』 (2022年)をきっかけに、2023年の『hide Memorial Day 2023』ではhide with Spread Beaverによる25年ぶりのワンマンライブツアーが敢行された。本企画は、そんな25年ぶりのhide with Spread Beaverのプレミア公演のライブ写真や、貴重なアーカイブ写真を収めるPhotobookを軸に、さまざまな角度から「hide with Spread Beaverとはどんなバンドなのか」「ギタリスト、アーティスト・hideとはどんな存在なのか」を改めて浮き彫りにする。


■誌面内容




・「hide Memorial Day 2023 “hide with Spread Beaver appear!!”」Live Photo Shooting Photo by Kazuko Tanaka(CAPS)
1996年開催のhide 2ndソロツアー「PSYENCE A GO GO」や1998年hide永眠後、本人不在という状況の中で開催された「hide with Spread Beaver appear!! “1998 TRIBAL Ja,Zoo”」ツアーを撮影したカメラマン・田中和子氏(CAPS)が、hide with Spread Beaverの25年ぶりとなるワンマンライブ「Zepp Osaka Bayside」「神奈川県民ホール」「豊洲PIT」に完全密着。ライブフォトをはじめ、リハーサル、楽屋風景、オフショットなどワンマンライブツアーを余すところなく撮影。

・FLASH BACK >>1998
田中氏が1998年に密着撮影した「hide with Spread Beaver appear!! “1998 TRIBAL Ja,Zoo”」ツアーの膨大なライブフォトから田中氏本人が厳選した貴重なカットを収録。

・Special Photo & Interview
25年ぶりのワンマンライブを終えたメンバー全員にロングインタビューを敢行。それぞれ1万字を超える大ボリュームのインタビューでは、ライブを終えての心境はもちろん、これまで語られてこなかったhideとの思い出やエピソードなども満載。
I.N.A./KIYOSHI/K.A.Z/CHIROLYN/JOE/D.I.E./PATA(Special Guest)/木村世治(Opening Act)

・hide with Spread Beaver のライブを支える男たち
25年ぶりのワンマンライブツアー成功の陰にはライブを裏側から支えるプロの男たちの姿があったーー。普段スポットライトが当たらない中で奮闘するライブ制作スタッフの知られざる物語。

・hide COLUMN1. REBOOT 生まれ変わった 「子 ギャル」「PINK CLOUD ASSEMBLY」
「hide Memorial Day 2023 "hide with Spread Beaver appear!!"」で初披露された新たな「子 ギャル」リップシンク映像とhideヴォーカルによる「PINK CLOUD ASSEMBLY」 。この2曲に新たな息吹を吹き込み、再起動させたキーマン、hide with Spread Beaverでありhide楽曲の共同プロデューサーであるI. N . A . を直撃。

・hide COLUMN2. 時を超える表現者 hide ~先見性と普遍性が共存するビジュアル変遷~
X時代からソロ時代まで、hideのビジュアルイメージを共に作り出してきたヘア&メイクの宮城浩。hideの先鋭的なビジュアルはなぜ時代を席巻し、さらに現在まで時代を超えて愛されるのか? ビジュアル面でのこだわりや知られざるエピソードなど、宮城の貴重な回想と言葉からその答えを探る。



・森雪之丞 スペシャルメッセージ
hideのソロデビュー曲「EYES LOVE YOU」と「50% & 50%」の作詞を手掛け、hideが「師匠」と仰いだ作詞家の森雪之丞。hideとの出会いや別れ、楽曲制作時やL.A.でのエピソード、hideの音楽が愛され続ける理由についてなど語る。



・映画『TELL ME ~ hide と見た景色~』がつないだ未来 
映画監督・塚本連平、そしてhideの実弟であり、映画の原作となった「兄弟 追憶の hide」の 著者・松本裕士(ヘッドワックスオーガナイゼーション代表取締役)。25 年ぶりのワンマンライブのきっかけともなった映画『TELL ME ~ hide と見た景色~』のキーマンである2人がライブを終えての今の想いを語り合った対談の模様を収録。

...and more!


「カドカワストア限定」予約特典も


カドカワストアにて予約購入された方に限定フォトカード1枚をプレゼント。

<フォトカード付き「hide 30th solo debut & hide with Spread Beaver appear!! Anniversary Photobook」予約・購入リンク>

●カドカワストア 販売ページ 予約・購入はこちらから
https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g322304001079/

●カドカワストア 特設サイト
https://store.kadokawa.co.jp/shop/pages/hidewithspreadbeaver.aspx

書籍仕様


【タイトル】
hide 30th solo debut & hide with Spread Beaver appear!! Anniversary Photobook
【価格】4,180円(本体3,800円+税)
【発売日】2023年12月13日(水)
【判型】A4正寸判(297mm×210mm)
【ページ数】128P(フルカラー)
【備考】並製、ソフトカバー付き

hideプロフィール


hide
X JAPANのギタリスト"HIDE"として、またソロアーティスト"hide"(hide/hide with Spread Beaver/zilch)として活動。 hideが発信しつづける音楽やライブパフォーマンスは、常に革新的でオリジナリティに溢れ"まるで移動遊園地やおもちゃ箱をひっくり返したようだ"と表現された。1998年に永眠して25年となる2023年はソロデビュー30周年を迎え、様々なプロジェクトが展開されている。

●hideオフィシャルウェブサイト 
https://www.hide-city.com/

●hide with Spread Beaver プロフィール 
https://www.hide-city.com/mcontents/special/mday2023_SB/profile.html


■運営会社概要
名 称:株式会社KADOKAWA
所在地:東京都千代田区富士見二丁目13番3号
代表者:代表取締役社長 夏野剛
事業内容:総合エンターテインメント企業として、出版、映像、ゲーム、Webサービス、教育、MD、インバウンド関連などの幅広い事業を展開。ABW(Activity Based Working)を含めたデジタルトランスフォーメーションの推進により、IP(Intellectual Property)の安定的創出と世界への伸展を中核とした「グローバル・メディアミックス」戦略を実践する。
資本金:406億円  
設立年月日:2014年10月1日
オフィシャルサイト:https://www.kadokawa.co.jp/