トピックス

連続ドラマ化も決定! あのヨーグルトを題材にした、宮木あや子のお仕事&推し事小説『令和ブルガリアヨーグルト』2023年11月29日(水)発売

『校閲ガール』などで知られる小説家・宮木あや子の最新作! 1月からは本書を原作とした連続ドラマ(主演:鞘師里保)もスタート!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長CEO:夏野剛)は、宮木あや子の最新小説『令和ブルガリアヨーグルト』を2023年11月29日(水)に発売いたしました。
2024年1月10日(水)からは、テレビ東京「水ドラ25」にて、本書を原作とする連続ドラマ「推しを召し上がれ~広報ガールのまろやかな日々~」もスタートします。



『校閲ガール』など話題作品を手掛けた宮木あや子(みやぎ・あやこ)さんの最新刊は、あのヨーグルトを題材にしたお仕事&推し事小説。
今年2023年で発売されてから50周年を迎える人気ベストセラー商品を題材に、企業の取材協力のもと執筆された物語です。
主人公の朋太子由寿(ほうだいし・ゆず)は、学生時代に読んだネット投稿小説がきっかけでブルガリア菌が「推し」となり「株式会社 明和」に就職。そんな彼女を見守る「吾輩」こと乳酸菌(ブルガリア菌20388株)が、この小説の牽引役となります。

▼オフィシャル書誌詳細ページはこちら
https://www.kadokawa.co.jp/product/322304001095/

乳酸菌が語る前代未聞のオシゴト小説『令和ブルガリアヨーグルト』、本書を原作とした連続ドラマが2024年1月クールのテレビ東京「水ドラ25」にて放送されることも決定しました。
ドラマのタイトルは「推しを召し上がれ~広報ガールのまろやかな日々~」、主演は今作が地上波連ドラ初主演作品となる鞘師里保(さやし・りほ)。モーニング娘。の絶対的エースとして活躍し、卒業後はアーティストとして活動、また舞台やミュージカルでも数多くの作品で俳優としての存在感を示す彼女が主人公の朋太子由寿を演じます。
ほかの出演者は、由寿の会社の先輩で教育係の緑川逸美役に明日海りお(あすみ・りお)、「吾輩」こと乳酸菌(ブルガリア菌20388株)役に橋本さとし(はしもと・さとし)。
初回放送は2024年1月10日(水)深夜25時~を予定。今後発表になるほかのキャストにもご期待ください。
テレビ東京のリリースページやドラマのHPでは、キャストや、原作者の宮木あや子さんおよびプロデューサーのコメントも公開されています。


▼テレ東リリース速報のページはこちら
https://www.tv-tokyo.co.jp/information/202311/4222.html
▼ドラマのHPはこちら
https://www.tv-tokyo.co.jp/oshimeshi/

小説『令和ブルガリアヨーグルト』あらすじ


あのヨーグルトが題材の、お仕事&推し事小説!
商品誕生に秘められたドラマ、新入社員の由寿の奮闘が始まる!
吾輩は乳酸菌である。名前はブルガリア菌20388株。
学生時代に読んだネット投稿小説がきっかけでブルガリア菌が「推し」となった朋太子由寿の日々を温かく見守っている。
「株式会社 明和」に就職した由寿は、配属となった大阪支店量販部で、阪神・淡路大震災のときに活躍した「おでん先輩」のエピソードを聞き感銘を受ける。
入社して一年後、広報部で由寿は社内報の制作を担当することになり、「明和ブルガリアヨーグルト五十周年」特集のために関係社員にインタビュー取材を行ってゆくのだが……。

本書のポイント


・明治ブルガリアヨーグルト誕生50周年に際し、(株)明治が取材に全面協力! 通常は非公開の研究所や工場の特別なエリアまで取材可能に。ヨーグルトの製造・開発の工程、商品誕生秘話などがリアルに、生き生きと描かれています。
・登場人物の中には、実在の明治社員がモデルの人物も!?
・物語の語り手はなんと乳酸菌! 登場キャラクターの一人として大活躍!
・主人公の「推し」がブルガリア菌となったきっかけの小説を、作中作として展開。ブルガリアを舞台に、擬人化された菌の運命を描く物語も楽しめる!
・主人公の成長、「ブルガリアヨーグルト」の商品物語、ブルガリアの歴史の3本柱が見事に響き合う! お仕事小説であり、家族小説であり、ドキュメント小説であり、歴史小説であり、「推し」への愛がつまった小説でもあり……と、さまざまな要素が味わえます!
・ヨーグルトが食べたくなるレシピも多数登場。

著者プロフィール


宮木あや子(みやぎ・あやこ)
1976年神奈川県生まれ。2006年『花宵道中』で第5回「女による女のためのR-18文学賞」大賞と読者賞をダブル受賞しデビュー。著書に、「校閲ガール」シリーズ3作、『雨の塔』『セレモニー黒真珠』『憧憬☆カトマンズ』『婚外恋愛に似たもの』『砂子のなかより青き草 清少納言と中宮定子』『帝国の女』『CAボーイ』など。震災復興支援を目的とした女性作家たちの同人誌『文芸あねもね』にも参加。映画化・ドラマ化・舞台化・漫画化などの著作メディアミックスも多数。

書誌情報




『令和ブルガリアヨーグルト』
著者:宮木あや子
発売日:2023年11月29日(水) 電子書籍同日配信
定価:1,815円(本体1,650円+税)
体裁:四六判並製 単行本
頁数:304頁
装画:まめふく
装丁:名久井直子
協力:株式会社 明治
ISBN:978-4-04-114046-8
発行:株式会社KADOKAWA
初出:「小説 野性時代」2022年5月号~23年4月号

KADOKAWAオフィシャル 書誌詳細ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/322304001095/