トピックス

東川篤哉の新連載「谷根千ミステリ散歩」開幕! 読切には山本一力の人情時代短編「おてるの灯明台」掲載。「小説 野性時代」2023年12月号発売!

本日2023年11月25日(土)配信開始。

超豪華執筆陣で贈る月刊文芸誌「小説 野性時代」、今月もお見逃しなく。



株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長 CEO:夏野 剛)は月刊文芸小説誌『小説 野性時代』電子版2023年12月号(No.241)を2023年11月25日(土)より配信しました。
ニュース


1. 【新連載】
東川篤哉「谷根千ミステリ散歩 密室の中に猫がいる 前篇」
東京・谷中には、おいしい食べ物、下町情緒、そしてミステリが揃っている!


2.【読切】
山本一力「おてるの灯明台」
おてるは富くじの当たり札を持ったまま亡くなった。
引き取り手を失った当選金の行方は──?

3.【最終回】
増田俊也「七帝柔道記II 立てる我が部ぞ力あり」
最後の七帝戦、相手は因縁の東北大――。
汗と涙の青春小説、堂々の完結!

4.「小説 野性時代」カクヨム進出!
「小説 野性時代」がWeb小説サイトカクヨムの公式連載ページに参加!
汗と涙の青春小説「七帝柔道記II 立てる我が部ぞ力あり」や、貸し出された死を招く一軒家をめぐる事故物件ホラー「最恐の幽霊屋敷」など公開中。こちらもお見逃しなく!
https://kakuyomu.jp/users/yasei-jidai

5.人気の作品がnoteで読める!
noteでもおすすめの小説情報など掲載中。こちらも要チェック
https://yaseijidainote.kadobun.jp/

おすすめ連載


秋吉理香子「殺める女神の島」
外見と内面の美を競い合うミスコンの最終審査。
この中で一番嘘つきの殺人犯は誰?

櫛木理宇「死蝋の匣」
殺害現場に残された死蝋のかけら。これは、一体誰?
底知れぬ猟奇事件に元家裁調査官・白石&刑事・和井田コンビが切り込む。

森 絵都「デモクラシーのいろは」
少しずつ教室が色づいてきた、“民主主義のレッスン”。
リュウはヤエの不穏なうわさを聞いてしまう――。

書誌情報


「小説 野性時代」電子版
「2023年12月号」配信開始日:2023年11月25日(土)
配信日:毎月25日
ダウンロード型の電子書籍に加えて「角川文庫・ラノベ読み放題」や、「カドブン」「カクヨム」「note」などのサイト内でも作品を展開予定。
定価:385円(本体350円+税)

KADOKAWAオフィシャル 書誌詳細ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/322301000683/