トピックス

【新刊】人生って何か成し遂げなくちゃいけないの?主役は誰?オオカミは自分の存在意義を探すために旅に出る。「オオカミのさがしもの 脇役でも悪者でもない僕の物語」10/26発売

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:夏野剛、以下 当社)は、コミック「オオカミのさがしもの 脇役でも悪者でもない僕の物語」(著者・透明いんげん)を10月26日(木)に刊行いたします。全国の書店、Amazon、楽天ブックスなどで購入できます。



【タイトル】「オオカミのさがしもの 脇役でも悪者でもない僕の物語」
【定価】1,320円(本体1,200円+税)
【発売日/配信日】2023年10月26日(木)
【ページ数】144P
【発行】株式会社KADOKAWA
【Amazon予約】https://www.amazon.co.jp/dp/4046829990/
【紙書誌版】https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g322306001336/
【電子版】https://bookwalker.jp/de07873917-4074-48aa-9943-646ced53760d/


脇役でも悪者でもない。人生を考えさせられる“気付き”がいっぱい


森の中で好きなことをしながら暮らしているオオカミ。
ある日、遊び仲間のキツネがネクタイを締めて仕事へ出かけていく姿を目撃する。
「どうせ脇役だから…」「そのうちなんとかなる…」と思っていたけど、「何かしなくちゃ」と焦り始める。
自分の役割って何?人生って何か成し遂げなくちゃいけないの?
そんな疑問を抱えつつ、“オオカミ”の役目を探すためにおとぎ話の世界へと旅立つ。

おとぎ話に登場する人達と接する中で、オオカミは自分の存在意義を考え続ける―。
「過去の出来事は変わらないけど、過去の意味は変えられる」「自分の物語をどう作るかは自分次第」など、前向きになれるような“気付き”がたくさん散りばめられた一冊。

QRコード読み取りでもらえるスマホ壁紙全4種付き。

















(書籍より一部抜粋)

内容


【第1章 オオカミと3匹の子ぶたが出会う物語】
第1話 1匹目の子ぶた
第2話 末っ子
第3話 家族

【第2章 オオカミと赤ずきんが出会う物語】
第4話 共同作戦
第5話 衝動と行動
第6話 原動力
第7話 赤ずきんさん

【第3章 オオカミと羊飼いが出会う物語】
第8話 羊少女と狼少年
第9話 嘘つきは誰?
第10話 すれ違い
第11話 対話と羊毛 他


著者プロフィール


著者・透明いんげん:Xやpixiv、ブログで4コマのギャグ漫画をメインに配信。「おなかにやさしい笑い」をモットーにした作風が人気で、複数のWEBメディアで紹介されている。「pixivコミック月例賞」2022年10月投稿分・優秀賞受賞。LINEスタンプも発売中。
X @invisible_bean


関連サイト


『ダ・ヴィンチWeb』:https://ddnavi.com/