幽落町おばけ駄菓子屋 異話 夢四夜

「幽落町」の人気キャラクター猫目さん。「猫」だった時の運命のであい。

  • 著者 蒼月 海里

「幽落町」の人気キャラクター猫目さん。「猫」だった時の運命のであい。

優しかった飼い主が死に保健所に連れて行かれそうになったところを逃げだした、一匹の黒猫。空腹で街をさまようも家の中の飼いネコだった彼にエサも居場所も見つからない。心ない人間たちの投石の的にされ大けがを負い行き倒れるが、優しい声に導かれるように目を覚ましたのは、古びた日本家屋。彼を助けたのは、水脈と名乗る美しいひとだった。「幽落町」シリーズの人気キャラクター猫目ジローと水脈さんとの出会いを描いた『第一夜 であいのはなし』『第二夜 だれかのために』。浮世で罪を重ね普通の生活には戻れなくなった、元医師の続きは方相氏の忍とともに全国人助けの旅に出た。その旅先で遭遇した恐怖の一夜『第三夜 あつまったもの』。水脈はジローや真夜と誘い合わせ“ある人”に会うため「華舞鬼町」にやってくるが、持参したお土産をカワウソの子どもにあげてしまう。そこに声をかけてきたのは、新聞記者だという怪しい男だった『第四夜 かぶきちょうへ』。

もくじ

第一夜 であいのはなし
第二夜 だれかのために
第三夜 あつまったもの
第四夜 かぶきちょうへ

書籍売上ランキング

最近チェックした商品