冤罪犯

たとえ悲劇を招こうとも、真実を暴くのが刑事の役目だ。警察捜査小説の極点

  • 著者 翔田 寛
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2017年08月31日

たとえ悲劇を招こうとも、真実を暴くのが刑事の役目だ。警察捜査小説の極点

平成29年7月、千葉県船橋市の休耕地で、ブルーシートが掛けられた幼女の遺体が発見された。捜査に乗り出した船橋署の香山は、7年前に起きた<田宮事件>と遺体の状況が酷似していることに気づく。<田宮事件>では不可解な経緯から証拠が見つかり、犯人とされた男は冤罪を主張したまま刑務所内で自殺していた。やがて、捜査を進める香山の前で、ふたつの事件をつなぐ新たな証拠が見つかって――。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品