少年たちは花火を横から見たかった

花火大会の夜、僕たちは”かけおち”した。新たなる原点の物語。

  • 著者 岩井 俊二
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2017年06月17日
  • レーベル:角川文庫

花火大会の夜、僕たちは”かけおち”した。新たなる原点の物語。

やがてこの町から消える少女なずなを巡る典道とその仲間の少年たち。花火大会のあの日、彼らには何があったのか。少年から青年になる時期の繊細で瑞々しい時期の友情と初恋の物語。映像化されなかった幻のエピソードを復刻し、再構成し、劇場アニメ版にあわせて書き下ろされた、ファン待望の小説。テレビドラマ版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のOAから、24年の歳月を経てよみがえる、原点ともいえる物語。岩井版の『銀河鉄道の物語』。本書の本編のあとに書き下ろされた「短い小説のための長いあとがき」には、本作品を、始まりの部分がら深く楽しむための創作秘話が書かれている。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品