Amazonランキング総合第1位
(売れ筋ランキング 2017/7/12-14 書籍部門)

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

女性のための新バイブル。各世代からの共感と感涙でベストセラー14万部!

  • 著者 西原 理恵子
  • カバーデザイン 西村 弘美
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2017年06月02日

女性のための新バイブル。各世代からの共感と感涙でベストセラー14万部!

七転び八転びしながら仕事に全力投球し子どもを必死に育てあげたサイバラかあさんが、今だからこそ言っておきたい、厳しくもハートフルな人生指南。
「王子様を待たないで。お寿司も指輪も自分で買おう」――
目下子育てに奮闘しているママにも、反抗期まっさかりの子どもにも、大きくなった元・女の子の娘さんにも、胸にすとんと落ちるメッセージは、
血の通った経験則にもとづく幸せの極意。
これからの時代を自立的に生きるための気づきが満載です!


・若さや美貌は、あっという間に資産価値がゼロになってしまう。
・「あたしさえ辛抱すれば」は間違い。
・娘が巣立つ日を迎えたら、母親の立場は、元カレと心得るべし。
・うちのめされて、人は、初めて自分の立ち位置を知ることができる。
・要らんプライドをへしおられてからが本当のはじまり。
・「好きなことだから、お金はもらわなくてもいい」ではダメ。
・若い頃の夢は、思いつめ過ぎず、ざっくり、そして、たくさんあった方がいい。
・理不尽な暴力に心が壊れてしまう前に、逃げてください。
・家族だからって仲良くしなくていい。
・別に美人じゃなくたって、幸せになれるよ。
・女の子の人生には、タイムキーパーが必要。
・夢をつかむことより、夢破れても立ち直ることの方が大事。
・ダイヤモンドをくれる男より、一緒にリヤカーひいてくれる男がいい。
・いやなことほど、どう面白く表現するかが大事。
・女も50をすぎれば、どんな失敗もざっくり笑い話になる。
・今の場所が最低だと思うなら、そこを抜け出す戦略を立てる。
・ あなたの人生は、あなたが幸せになるためにある。

「卒母」を宣言したサイバラかあさんの全人生を賭けたメッセージを凝縮!

もくじ

はじめに 私が女の子だった頃
第一章  母と娘のガチバトル
第二章  スタート地点に立つために、できること
第三章  夢見る娘とお金のハナシ
第四章  かあさんの子育て卒業宣言
第五章  巣立ちのとき
第六章  女の子が生きていくときに、覚えていてほしい5つのこと。
終 章    女の子たちの〈エクソダス〉

登場人物・人物相関図

おすすめコメント

・人生にとって、かけがえのない一冊に出会えました。(30代)

・娘への愛と優しさに満ち溢れた一冊で、号泣。(40代)

・読むといろんな人に勧めたくなります。(20代)

・「優しくて、いい子」の呪縛を解いてくれる画期的な本!(10代)

・人生の大切なことがギュっと詰まった一冊。もっと早く出会えていたら……!(50代)

・はやくうちに帰って、子どもをハグしたくなる。(30代)

・人生の先輩から、大切なアドバイスをもらった気持ちです。(10代)

・子離れ、親離れにスムーズに移行するため、家族についても考えさせられました。(40代)

・故郷の実母と、保育園に預けている娘に無性に会いたくなりました。(20代)

・同じ年頃の子どもを持つ親として、共感しまくりでした。(40代)

・内容は女の子だけでなく男の子にも当てはまること多数。(30代)

・子どもが思春期を迎える頃にぜひ読ませたいです。(30代)

・漫画とはまたひと味違う奥深さ。(40代)

・子どもの反抗期の突破口が見えてきた気がします。(50代)

・タイトルには『女の子』とあるけれど、『男の子』にも『元女の子』にもぜひ読んでほしいです!(30代)

これからの時代を自立的に生き抜く知恵が満載!

プロモーションムービー

西原 理恵子 発売記念インタビュー

著者紹介

西原 理恵子

漫画家。1964年高知県生まれ。2005年『上京ものがたり』『毎日かあさん』で手塚治虫文化賞短編賞受賞。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品