おやすみ人面瘡

グロテスクな世界観と論理的推理で組み上げられる、狂気の本格推理。

  • 著者 白井 智之
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2016年10月01日

グロテスクな世界観と論理的推理で組み上げられる、狂気の本格推理。

全身に“脳瘤”と呼ばれる“顔”が発症する奇病“人瘤病”が蔓延した日本。人瘤病患者は「間引かれる人」を意味する「人間」という蔑称で呼ばれ、その処遇は日本全土で大きな問題となっていた。そんな中、かつて人瘤病の感染爆発があった海晴市で殺人事件が起きる。墓地の管理施設で人瘤病患者の顔が潰され、地下室では少女が全身を殴打され殺されていたのだ。容疑者は4人の中学生。さらに、事件の真相を見抜いた男は、逆上した容疑者のひとりに突き飛ばされ、机の角で頭を打って死亡してしまった……かと思いきや、死んだはずの探偵の身体に発症した、いくつもの“顔”が喋り始め――。

書籍売上ランキング

最近チェックした商品